お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

鵯越え(ひよどりごえ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

鵯越え(ひよどりごえ)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は鵯越え(ひよどりごえ)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

鵯越え(ひよどりごえ)とは?

「鵯越え」とは、女性が四つん這いになり、男性が後ろから挿入する体位。いわゆる「後背位(バック)」のことです。

ここで、「鵯越え」という名の由来を考えてみましょう。

平安時代末期に起こった一ノ谷の戦(いちのたにのたたかい)で、源義経は鵯越という場所の断崖絶壁に立たされたとされています。

義経は鵯越の坂を駆け降りて平家の軍陣を背後から襲ったと伝えられており、この戦法が「鵯越の逆落とし」と呼ばれているのです。

「背後から攻める」という意味で、「鵯越え」の名がつけられたのかもしれません。

ちなみに、四十八手の中にも「鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)」と呼ばれる体位があります。

バックの体勢は人間以外の動物にもよく見られるからか、どこか野性的な雰囲気を感じてドキドキする体位。本能のまま、快感を堪能しましょう!

どんな時におすすめ?
パートナーとちょっと野性的につながりたい時

難易度
★★☆☆☆

鵯越えのやり方

それでは、鵯越えのやり方を解説します。ポイントは、角度のアレンジです。

鵯越えの手順

鵯越えの手順は簡単。

まず女性が四つん這いになり、その後ろから男性が挿入すれば完成です。

膣の角度などによって挿入しにくい場合もあるため、男性が困っていたら女性が手で誘導するなどしてみてください。また、女性が少し足を開くと、より挿入しやすくなるはず。

ピストン開始後は、2人でリズムを合わせて動きます。そうすれば、女性は長いストロークを堪能できるでしょう。

鵯越えをする時のポイント

鵯越えは、女性が少し体勢を変えるだけで、さまざまな刺激を楽しめます。

例えば、上半身をベッドにつけてお尻だけが持ち上がった状態にすると、より奥まで挿入できるでしょう。

逆に、上半身を起こして男性に支えてもらえば、角度的にGスポットなど入り口付近を刺激しやすくなります。

鵯越えは男性がリードする体位であるものの、女性の体勢次第で刺激をある程度操作できます。ピストンをしながら、好きな角度を探してみてくださいね。

▶次のページでは、鵯越えの注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE