お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

碁盤攻め(ごばんぜめ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

碁盤攻め(ごばんぜめ)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、碁盤攻めという体位を紹介します。

碁盤攻め(ごばんぜめ)とは?

碁盤とは、囲碁(いご)をする時に使う厚い板のこと。本格的なものには脚がついていて、小さなテーブルのようになっています。

「碁盤攻め」は、女性が碁盤に手をついて立った状態で、男性が後ろから挿入する体位のこと。いわゆる立ちバックですね。

普段は遊びの道具として使っているアイテムをセックスに使うという考え方は、なかなか刺激的。2人で碁を打っているうちに、良い雰囲気になって……ということでしょうか。

今の時代、家に碁盤がある人は少ないでしょうから、代わりにローテーブルやベッドの端を使って、勢いに任せた「なだれ込みセックス」を楽しみましょう!

どんな時におすすめ?
思いがけず始まったセックスで興奮したい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:碁盤攻めのやり方

SHARE