お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

首引き恋慕(くびひきれんぼ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

首引き恋慕(くびひきれんぼ)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、首引き恋慕を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

首引き恋慕(くびひきれんぼ)とは?

首引き恋慕は、男女2人の首にひもを掛けて行う対面座位です。

「首引き」とは、輪にしたひもを2人の首に掛けてお互い引っ張り合う遊びのこと。そして「恋慕」は特定の人を恋い慕うという意味です。

「首引き恋慕」は、「愛する人と体をつなげながら首引きをする」という、熱くてちょっとアブノーマルな雰囲気を感じるネーミングですね。

首にひもを掛けることで2人の距離が近くなり、かつソフトSMのようなプレイを楽しめるのが、この体位のメリットといえます。

うまく動けないもどかしさを快感に変えて、興奮度を高めてみましょう! もちろん、安全には十分注意してくださいね。

どんな時におすすめ?
ちょっとアブノーマルなプレイをしてみたい時

難易度
★★★★☆

首引き恋慕のやり方

それでは、首引き恋慕のやり方を解説します。ポイントは、ひも選びです。

首引き恋慕の手順

まずは男性が足を伸ばして座ります。そして、女性が相手の膝にまたがって挿入しましょう。

女性は腰を動かしやすい位置へ足を置き、手を後ろにつくとバランスを取りやすくなります。また、男性が相手の腰に手を添えて支えると、動きをサポートしやすくなります。

これができたら2人の首にひもを掛けて、首引き恋慕の完成。途中で男性があぐらをかいたり、正座のような体勢を取ったりするのもありです。

首引き恋慕をする時のポイント

首引き恋慕をする時は、以下の点を意識してみてください。

(1)ひもの種類や長さにこだわってみる

首引き恋慕に使うひもは、ビニールひものような細いものだと皮膚に食い込んで痛いので、太いものがおすすめです。スカーフやマフラーなど、柔らかいアイテムだとより良いでしょう。

ひもはあまり短いと首に負担が掛かりすぎますが、長すぎても2人の距離が縮まらず、使う意味がなくなってしまいます。お互いの距離が50cm程度となる長さを目安にしてみてください。

もっとアブノーマルな雰囲気を楽しみたい人は、SMプレイ用の首輪などを用意すると、より本格的な感覚が味わえますよ。

(2)ピストンのタイミングを合わせる

首引き恋慕の動きは、通常の対面座位と変わりません。相手のリズムに合わせ、腰を打ちつけるように動かしましょう。

ここでうまく利用したいのが、首に掛けているひも。ピンと張った状態をキープすると、相手の動きが伝わってくるのでリズムを合わせやすくなります。

(3)女性が腰の角度を調整する

首引き恋慕を含む対面座位は、女性が腰の角度を調整するとGスポットを刺激しやすくなります。

挿入後、女性が動きながら感じる場所を探してみると良いでしょう。

▶次のページでは、首引き恋慕の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE