お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

立ち花菱(たちはなびし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

立ち花菱(たちはなびし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、立ち花菱(たちはなびし)という体位を紹介します。

立ち花菱(たちはなびし)とは?

「立ち花菱」とは、男性が女性にオーラルセックスをする姿勢のこと。

ちなみに、「花菱」はひし形の弁を並べて花に見立てた文様で、戦国武将・武田信玄を代表とする武田家の家紋でもあります。

この文様のように、女性器を花になぞらえて「立ち花菱」の名がついたのだという説も。女性への愛撫を美しい響きで表現した、すてきなネーミングですね。

舐められるのが苦手でない女性は、彼からの愛情を喜んで受け入れましょう!

どんな時におすすめ?
女性が男性からの愛撫をたっぷり楽しみたい時

難易度
★☆☆☆☆

次ページ:立ち花菱のやり方

SHARE