お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

立ち花菱(たちはなびし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

立ち花菱(たちはなびし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、立ち花菱(たちはなびし)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

立ち花菱(たちはなびし)とは?

「立ち花菱」とは、男性が女性にオーラルセックスをする姿勢のこと。

ちなみに、「花菱」はひし形の弁を並べて花に見立てた文様で、戦国武将・武田信玄を代表とする武田家の家紋でもあります。

この文様のように、女性器を花になぞらえて「立ち花菱」の名がついたのだという説も。女性への愛撫を美しい響きで表現した、すてきなネーミングですね。

舐められるのが苦手でない女性は、彼からの愛情を喜んで受け入れましょう!

どんな時におすすめ?
女性が男性からの愛撫をたっぷり楽しみたい時

難易度
★☆☆☆☆

立ち花菱のやり方

それでは、立ち花菱のやり方を解説します。ポイントは、羞恥心と快感のバランスです。

立ち花菱の手順

立ち花菱の手順はとてもシンプルです。

まず、女性が仰向けになり、脚を開きます。

その間に男性が入ってオーラルセックスを始めれば、立ち花菱の完成です。

立ち花菱をする時のポイント

立ち花菱をする時のポイントは、以下の通りです。

(1)腰の角度と愛撫のバリエーションを意識する

枕などを使って女性の腰を持ち上げるように角度をつけると、男性が愛撫しやすくなり、刺激するポイントも見えやすくなります。

女性にとって恥ずかしい体勢ともいえますが、羞恥心は2人の気分を盛り上げるスパイスになる場合も。好みに合わせて、取り入れてみてくださいね。

また、女性の快感を高めるには、男性が舌だけでなく唇や指などを使って愛撫するのもポイント。刺激にバリエーションをつけて、複合的な快感をつくり出しましょう。

(2)女性の羞恥心を軽減する

立ち花菱の姿勢を恥ずかしく感じる女性もいます。

適度な羞恥心は気分を盛り上げるのに役立ちますが、あまりに恥ずかしさが強いと、行為に集中できなくなってしまう場合も。

そのような時は、女性が安心できるように工夫してみましょう。例えば、電気を消す、スカートを履いたままにする、パートナーと指を絡める、など。

羞恥心を軽減すれば立ち花菱への抵抗感も少なくなり、女性が快感に没頭しやすくなるでしょう。

(3)デリケートゾーンを清潔にしておく

「デリケートゾーン、大丈夫かな……」と気になり始めると、行為に集中できなくなってしまう女性は少なくないはず。

立ち花菱を心置きなく楽しむためにも、相手へのエチケットとしても、シャワーを浴びるなどして清潔にしておくのがおすすめです。

▶次のページでは、立ち花菱の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE