お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

深山(みやま)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

深山の注意点

深山をする時は、以下の点に注意しましょう。

(1)痛い時は無理しない

深山は、深く挿入できるのがメリットである一方、人によっては奥が痛くなる恐れもあります。

奥への刺激が苦手な女性はゆっくり挿入してもらい、痛くないか確認してください。もし痛みがあれば、無理せず別の体位へと移行しましょう。

また、深山は体が硬い女性にとってもわりときつい体勢です。この場合も、痛い時は無理をしないでくださいね。

(2)なるべく広いところで行う

深山は、体勢を変える時に女性の脚を伸ばした状態で上げ下げするため、狭い場所では周囲にぶつかってしまうかもしれません。

ベッドの中心など、広くて周りに物が少ないところで行いましょう。

深山は「正常位×奥」が好きな女性におすすめの体位

深山は奥まで挿入しやすいので、正常位で中を刺激されるのが好きな女性におすすめといえます。

また、いつもの正常位を少しアレンジするだけで、新鮮な気分を楽しめるのもメリットです。女性の体がある程度柔らかく、痛みを感じないようであれば、ぜひトライしてみてください。

お互いに見つめ合いながら奥の快感を堪能する……そんなすてきなシチュエーションを楽しめるでしょう。

(関由佳)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月19日に公開されたものです

関由佳 (心理カウンセラー・カラーセラピスト・筆跡アナリスト)

心理カウンセラーでカラーセラピスト、筆跡アナリスト。前向きな女性の生き方を提案するコラムを執筆し、最近は筆跡心理学セミナーやテレビ出演も。多面的な角度から人の心理を読み解きます。

この著者の記事一覧 

SHARE