お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

立ち鼎(たちかなえ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

立ち鼎(たちかなえ)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりだと、セックスにマンネリを感じてしまうことがあるかもしれません。そんな時、参考にしたいのが四十八手。

今回は、立ち鼎(たちかなえ)という体位を紹介します。

立ち鼎(たちかなえ)とは?

「立ち鼎」はあまり聞きなじみのない体位ですが、いわゆる「対面立位」のこと。

男性は両足で、女性は片足を上げて立ち、向かい合って挿入します。「ベッドに移動する間も惜しい!」という情熱を感じますね。

女性は片足で立っていて動きにくいので、その分男性がリードして動く必要のある体位です。

足を上げて挿入すると膣の奥まで届きやすくなるため、特に奥が感じやすい女性は快感を得やすいかもしれません。

ちなみに「鼎(かなえ)」とは、古代中国で使われていた器のこと。鍋に足が3本生えたような形をしています。

その見た目が、3本の足(男性の両足と女性の片足)でお互い支え合う様子に似ていることから、「立ち鼎」の名称がついたといわれています。昔の人は、ずいぶんと想像力が豊かだったのですね。

どんな時におすすめ?
突発的にベッド以外の場所でセックスをしたくなった時

難易度
★★★★☆

次ページ:立ち鼎のやり方

SHARE