お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

立ち松葉(たちまつば)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

立ち松葉(たちまつば)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、立ち松葉という体位を紹介します。

立ち松葉(たちまつば)とは?

立ち松葉は、V字状の松の葉が縦に交差したような体位のこと。四十八手の1つである松葉崩しを、立って行う体位ともいえます。

男女共に筋力を使い、ずっときつい体勢を取ることになるので、四十八手の中でもかなり難易度は高め。

とはいえ、上級者向けの体位だからこそ、やりがいがあるというもの。

「いつもと違うセックスをしたい」「筋トレのようにセックスを楽しみたい」というカップルなら、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

覚悟を持って挑戦し、けがを防ぐため無理はしないようにしましょう。

どんな時におすすめ?
スポーツ感覚でセックスを楽しみたい時

難易度
★★★★★

次ページ:立ち松葉のやり方

SHARE