お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

千鳥の曲(ちどりのきょく)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

千鳥の曲(ちどりのきょく)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、千鳥の曲という体位を紹介します。

千鳥の曲(ちどりのきょく)とは?

「千鳥の曲」という体位は、仰向けになった男性に対して、女性がオーラルセックスをする状態を指します。

ちなみに、「千鳥の曲」は江戸時代につくられた、箏(そう)による楽曲です。

横たわった男性の傍らでかがむ女性が箏を演奏しているように見えることから、「千鳥の曲」の名がつけられたといわれています。なんとも風流でユニークなネーミングですよね。

体位自体はとてもシンプルで、既に経験したことがある人もいるでしょう。女性がリードする体位なので、男性を攻めたい時にぴったりです。

どんな時におすすめ?
女性が男性を快感で翻弄したい時

難易度
★★☆☆☆

次ページ:千鳥の曲のやり方

SHARE