お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

愛情表現とは? 男女別の言動と効果的な愛情の伝え方

たむたむ

愛情表現が苦手なパートナーへの対処法

パートナーからもっと愛情表現をされたいと思っている人もいるでしょう。

最後は、愛情表現が苦手なパートナーとの上手な付き合い方と対処法を紹介します。

(1)素直な気持ちを伝える

パートナーからの愛情表現がなくて寂しさや不安を感じているなら、その気持ちを素直に伝えてみましょう。

もしかすると、相手なりに愛情表現をしていて、あなたにそれが伝わっていると思っているかもしれません。

あなたの思いを伝えることで、誤解が解け、お互いの気持ちを確かめ合えるかもしれませんよ。

(2)自分から愛情表現をしてみる

相手からの愛情表現を求めるだけでなく、あなたからも愛情表現を積極的にしてみましょう。

スキンシップを取ったり、甘えたりするなど、パートナーに対する気持ちを言動で表すのがおすすめ。

もしパートナーが愛情表現の方法が分からずできていない場合、あなたがお手本を見せることで、相手からも行動を起こしてくれる可能性があります。

(3)2人の時間を確保する

お互いに忙しくゆっくり過ごせる時間がないと、パートナーへの愛情表現がおざなりになってしまうこともあります。

そのため、デートやご飯など、2人だけの時間を意識的につくるようにしてみてはいかがでしょうか?

お互いがしっかり向き合う時間を確保することで、普段なかなか表現できていなかった愛情を伝えられるかもしれません。

(4)愛情表現を無理強いしない

相手の気持ちが分からず不安だからといって、「もっと愛情表現して!」と押しつけてしまうのはおすすめできません。

それが相手の重荷になり、2人の関係性に溝が生まれてしまうことも考えられます。

自分の考えを相手に無理強いするようなことはせず、お互いが自然な形で愛情表現できる関係性を目指しましょう。

愛情表現は2人の絆を深めるために大切なこと

愛情表現とは、好意を寄せている人に対して気持ちを伝える行為のこと。それによってお互いの気持ちを再確認できたり、不安を解消できたりするというメリットがあります。

しかし、中には愛情表現が苦手な人もいます。パートナーからの愛情表現がないからといって、必ずしもあなたに対する気持ちがないとは限りません。

お互いができる範囲でパートナーに愛情を伝える努力をして、より良い関係性が築けるようにしましょう。

(たむたむ)

関連する診断をチェック

【愛情深さ度診断】見返りを求めない愛情を注げる?

※画像はイメージです

※この記事は2022年02月25日に公開されたものです

たむたむ

動物とじゃがいもが大好きな23歳フリーライター。最近は、美容ケアと激辛料理にハマっています。 大事な人やモノを自分の力で大事にできるようにと思い、毎日執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE