お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

愛情表現とは? 男女別の言動と効果的な愛情の伝え方

たむたむ

愛情表現をしない彼氏・彼女の特徴と心理

ストレートに愛情表現してくれるタイプの人もいれば、もちろんそうではない人もいます。

ここでは、あまり愛情表現をしない人の特徴や心理について見ていきましょう。

(1)恥ずかしい

愛情表現をしない人の中には、「したくても恥ずかしくてできない」という人も少なくありません。

中には、本人としては精いっぱい愛情表現をしているつもりが、相手にうまく伝わっていないという場合も。

恥ずかしさによって、愛情表現が消極的になってしまうのでしょう。

(2)伝わっていると思っている

「わざわざ言わなくても伝わっているはず」と思って、愛情表現をしていないタイプの人もいます。

この場合、恋人関係を続けていることが愛情表現だと思っていることもあり、改めて気持ちを伝える必要性を感じていないのかもしれません。

(3)愛情表現の仕方が分からない

愛情表現の仕方が分からず、行動に移せないという人もいるでしょう。

この場合、相手に気持ちを伝えたいとは思っているものの、頭で考えすぎてどう表現したらいいのか分からなくなってしまっている可能性が。

恋愛の経験が少ない人や久しぶりの恋人に戸惑っている人は、このような傾向があるのかもしれません。

次ページ:愛情表現が苦手なパートナーへの対処法

SHARE