お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

朝セックスが良いってホント? メリットとデメリットを解説

kirara

セックスは夜にするものだというイメージを持つ人も多い一方で、実は朝にセックスをするメリットがあるのをご存じですか? この記事では、朝セックスのメリットとデメリットについて紹介します。

セックス=夜というイメージがあるかもしれませんが、朝にセックスを楽しむカップルがいるのも事実。

実際のところ、セックスを朝にするメリットはどんなことがあるのでしょうか?

本記事では、朝セックスのメリットとデメリットを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

朝セックスのメリット

まずは、朝にセックスする魅力やメリットを見ていきましょう。

(1)元気な状態でセックスを楽しめる

夜は仕事や家事などで、1日の疲労やストレスが溜まりやすい時間帯。

そのため、夜にセックスしようとしても、疲れのせいで気分が乗らず、集中力が切れてしまうこともあるでしょう。

一方、朝のセックスは、睡眠により疲労が回復した状態で行えるため、より前向きに取り組むことができます。

お互いセックスに積極的になれるため、夜以上に楽しめるかもしれません。

(2)幸福感から1日をスタートできる

セックスはカップルにとって大切なコミュニケーションの1つ。セックスを通して、お互いの大切さやいとおしさをより感じることができるでしょう。

つまり朝にセックスをすると、幸福な気持ちで1日のスタートを切ることができるといえます。

また、セックスでの興奮が体や頭をエネルギッシュな状態へと導いてくれるため、仕事や家事への意欲も高まるかもしれません。

活力に満ちた朝を迎えて元気に1日を過ごせるのは、朝セックスの大きなメリットといえます。

(3)マンネリの防止につながる

いつも夜にセックスをすることが定番になっているカップルは、時間帯を変えることでマンネリ防止につながります。

明るい日差しがお互いの体を照らし出すことで、夜のセックスとは違う興奮を得られるかも。

いつもと違うセックスの楽しさや興奮がマンネリ防止となり、改めてパートナーとセックスをする時間が楽しく感じられるようになるでしょう。

(4)すれ違い防止になる

夫婦や付き合いが長いカップルにとっても、もちろんセックスは大切なコミュニケーション。

しかし、生活リズムの違いなどから、なかなか夜にセックスの時間が取れないということもあるでしょう。

そのため、朝にセックスの時間をつくることで、2人のすれ違いやセックスレスの防止を期待できます。

次ページ:朝セックスのデメリット

SHARE