お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セフレのメリット・デメリットは? なりやすい女性の特徴と恋人との違い

大人のセックス事情

朝谷のも

セフレがいることのデメリット

セフレには多くのメリットがありますが、当然デメリットもあります。セフレをつくりたいと思った時は、以下のようなデメリットがあることも頭に入れておきましょう。

(1)恋愛感情が芽生えるとつらい恋愛になる可能性も

セフレと関係を持つうちに、情が湧いて恋愛感情が出てしまう人も多いです。

ただ、仮に付き合うことができても、セフレという関係が始まりだったこともあり、結局はセックスだけの関係で別れてしまうというパターンもありえます。

(2)コミュニティ内でうわさが広まると居づらくなる

例えば、仲の良い友達同士の中でセフレだった場合、2人がセフレだといううわさが広まるとそのコミュニティで過ごしにくくなるでしょう。

同じ場所で働いている場合は業務に支障が出てしまうことも。最悪の場合、職場を辞めなくてはならない可能性もあり得ます

(3)自分を虚しく感じることもある

セフレと過ごしていることで一時的に寂しさはまぎれるかもしれませんが、「体にしか魅力を感じてもらえない」と虚しく思うこともあるでしょう。

寂しさを埋めて気持ちの安定に繋げるつもりだったのに、逆に心が消耗することもあるので注意が必要です。

(4)恋人ができにくくなる

セフレに会うことで他の異性に使う時間が少なくなるので、本命の恋人ができにくくなることも。

また、セフレのような割り切った関係に慣れすぎてしまうと、異性にドキドキしにくくなることもあります。

(5)同性の友達が減ることもある

セフレのことで悩んで同性の友達に相談することもあるかもしれませんが、自分が考えていたようなリアクションや答えをくれず、疎遠になってしまうかもしれません。

友達がセフレという存在自体に否定的な場合は相談をすることで引かれてしまう可能性もあるでしょう。

次のページを読む

SHARE