お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

お見合いには手土産が必要? 判断ポイントや渡す際のコツ

ほし ななこ

お見合いの手土産を持参するなら? 相場・選び方・渡し方

悩んだ末、手土産を持っていくとしたら、どんな物を持参するといいのでしょうか。ここからは、手土産の相場と選び方を紹介します。

手土産の相場

手土産の値段としては、1,000~2,000円で収まる程度の金額がいいでしょう。

相手との関係性にもよりますが、初対面であったり、まだ数回しか会ってない状況だったりするならば、高価な手土産を渡しても相手の負担になってしまいます。

この金額は安いようにも思えますが、お互い気を遣わない金額と言えます。

選ぶ時のポイントと注意点

続いては、選び方について、ポイントと注意点を紹介します。

コンパクトなサイズを選ぼう

手土産を選ぶ際に気をつけたいことは、サイズや重さ。なるべくコンパクトなものであることが、相手に負担をかけないポイントです。

かさばる物や重たい物はやめておきましょう。なぜなら、お見合い相手にはその後も次の予定が入っているかもしれないからです。

従って、かばんに収まる程度の大きさを選ぶといいでしょう。

おすすめは「消えもの」

品物としては、一般的には「消えもの」がベター。

食べてなくなる物、具体的にはお菓子などがおすすめです。事前にプロフィールを確認して好物が分かれば、それに合った品物を選ぶといいでしょう。

例えば「お酒が好きで毎日晩酌をしています」「辛党で甘いものは苦手です」などとプロフィールに書かれていたら、お菓子は避けてちょっとしたお酒のおつまみを選ぶなど工夫してみてください。

お見合いで手土産を渡すタイミング

もしも手土産を渡すのであれば、相手へ渡すタイミングにも配慮しましょう。

ベストなタイミングは、お見合いが終わる別れ際です。

「今日はありがとうございました」と、感謝の気持ちと共に手土産を渡すのがスマート。もしも相手が手土産を用意していなかったとしても、帰り際ならお互いに長時間気まずい思いをすることがありません。

手土産は「気持ち」次第

お見合いの相手には、必ずしも手土産を渡さなければならないということはありません。

しかし、万が一相手から手土産を渡された場合には、何も準備をしていないと気まずい思いをする可能性も考えられますよね。そのため、迷うなら用意しておき、もしも相手から渡されたらこちらからも渡す、というやり方もありでしょう。

渡すにしても渡さないにしても、大事なのは気持ち。お見合い相手への感謝の思いはしっかりと伝えましょう。

(ほし ななこ)

※画像はイメージです

 

※この記事は2022年01月27日に公開されたものです

ほし ななこ

Webライター。日本女子大学卒業。長年の専業主婦を経て一念発起しWebライターとなる。SEOに特化したWebライティング術を習得し、さまざまな分野のライティングをおこないながら人生満喫中。また在宅ワークにより生き生きとした人生を送りたい方々のために、ライター初心者さんを応援しています。ココナラにてプラチナランク継続中。『お家で稼ぎたい主婦のための0円講座』

この著者の記事一覧 

SHARE