お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

失礼のないお見合いの断り方とは? 会う前・お見合い後のポイント

hasemana

お見合いを断る際に気をつけるべきポイント

お見合いや縁談を断る際には、気をつけるべきポイントがあります。失礼のないお断りができるように、しっかりとポイントを押さえておきましよう。

(1)できるだけ仲介者を通してお断りをする

お見合いや縁談には、断り方の基本的なマナーがあります。お見合いの話をくれた仲介者がいる場合、仲介者を通してお断りするのが一般的です。

仲介者を通す方が相手へ失礼になりにくく、またお断りする場合もスムーズに話が進みやすいでしょう。

何度かデートをした後だったり、どうしても自分から伝えたい場合はLINEやメールを利用する場合もあります。ただしこの時は、相手のショックを和らげるため、断り方には特に注意が必要です。

(2)気持ちに整理がついたら早めにお断りする

「やっぱりこの人とは結婚できないな」と感じた場合、なるべく早めにお断りの連絡を入れるようにしましょう。

相手もあなたと同様に、結婚を視野に入れて婚活しているはず。結婚する気がないのにデートを重ねてしまうと、相手にとっては「無駄な時間」になってしまうかもしれません。

相手もあなた自身も早く前に進むため、気が重いかもしれませんが、なるべく早くお断りする心掛けが大切です。

(3)あいまいな表現は避ける

はっきりと断るのは失礼な気がして、言葉を濁してしまうと仲介者も相手もどうしたら良いのかモヤモヤしてしまいます。

あいまいな言い方はせずにはっきりとお断りすることが、お見合いや縁談のマナーです。

お見合いで失礼のない断り方を知っておこう!

お見合いや縁談には、断る際のマナーがあります。仲介者がいる場合は、なるべく仲介者を通して断りの連絡をするようにしましょう。

どのようなシチュエーションでも、相手への感謝と謝罪の気持ちを伝えることを忘れてはいけません。

相手や仲介者にショックを与えたり、失礼な断り方をしたりすることがないように、注意点やマナーを頭に入れておきましょう!

(hasemana)

【相性占い】気になるあの人との今日の相性は?

あなたと気になるあの人の相性はどのくらい?

12星座を用いて、今日の恋愛相性を5段階評価で占います。

毎日相性占いはこちら

※画像はイメージです

※この記事は2022年01月27日に公開されたものです

hasemana

2拠点生活をしながら、野菜や植物を育てて暮らすちょうどいいスローライフを模索中。インテリアショップ、花屋にて勤務経験あり。暮らしや仕事にまつわるライフスタイル系のライティングを主にしています。

この著者の記事一覧 

SHARE