お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

失礼のないお見合いの断り方とは? 会う前・お見合い後のポイント

hasemana

メールやLINEでのお見合いの断り方

何らかの事情によって仲介者を通してお断りできない場合もありますよね。例えば、もう何度かデートを重ねている相手ならば自分から伝えたいという場合もあるかもしれません。

そんな時、口頭でお断りするのが難しければメールやLINEを利用したいと思う人もいるでしょう。

ここからは、メールやLINEでお見合い相手にお断りを入れる時の例文と注意点を紹介します。

お見合いのお断りメール・LINEの例文

例文1

お誘いいただきありがとうございます。直接お会いさせていただき、○○さんのことはとてもすてきな方だと思っています。

お誘いいただいたことはとてもうれしいのですが、他に気になる人がいるのでお断りさせていただきます。お忙しい中、お時間いただきありがとうございました。

例文2

先日はお時間を割いていただき、ありがとうございました。○○さんのすてきな人柄を感じることができました。

それと同時に、○○さんに私はふさわしくないと感じてしまいました。私が至らないばかりに、お断りすることになり申し訳ありません。○○さんにすてきな出会いがあることを祈っています。

メール・LINEで断る際の注意点

お断りのメールやLINEを直接送る場合は、なるべく相手を傷つけないことが何より大切です。

自分に原因があったことを伝えて、相手への感謝の気持ちと共に断りを伝えるようにしましょう。

次ページ:お見合いを断る際に気をつけるべきポイント

SHARE