お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

年上男性を落とす方法4つ。職場やLINEで使えるテクニックは?

二宮ゆみ

年上男性との恋愛の注意点

年上男性との恋愛では、以下のことに気をつけましょう。

(1)相手に気を使いすぎない

無意識に相手を「年上男性」といった色眼鏡で見ないように気をつけましょう。

そういうことをされると「あ、余計な気を使われてる……」とか、「遠慮してるな……」とか、割と敏感に感じるものです。それに、あなた自身も楽しめないですしね。

恋愛はまず、自分が楽しいと思うことからです。そして、その空気は確実に相手にも伝染します。

躊躇せずに「うれしい」「楽しい」「大好き」といった言葉や態度の「三種の神器」を繰り出していきましょう。

(2)「若いから」と油断しない

あなたが好きになるくらいなんだから、その人はきっとモテます。

年齢を感じさせない若さなのか、異常な包容力なのか、ものすごい経済力なのか……モテる理由が何かは分かりませんが、何かあることは確かなのです。

「相手より若い」ということはとてつもない武器にもなりますが、それにあぐらをかかずにアプローチしていきましょう。

(3)おごってくれることを当たり前と思わない

年上の男性は息をするようにあなたにいろいろおごってくれることもあると思いますが、それを当たり前と思わないこと。彼にとっておごるのが当然でも、です。

おごってもらうのが当たり前になってしまうと、お客さんに貢いでもらっているキャバ嬢や、パパ活と同じになってしまうから。

あなたができる範囲のお返しや、毎回のお礼の言葉は必須です。

(4)既婚者やバツつき子持ちの場合もある

会社で既婚であることや子持ちであることを隠せる人はあまりいないと思いますが、このあたりも要チェック。

既婚者に手を出すわけにはいきませんし、既婚者でなくても「相手に子どもがいるのはプレッシャーに感じる……」などの場合は、好きな気持ちが大きくならないうちに進路変更した方が無難です。

「もしかして既婚?」と思ったら、共通の知人に確認するなど、彼のプライベートを探ってみましょう。罪悪感なんて必要ありません。

疑惑が晴れたら、「あー良かった」で終われば良い話です。

また既婚でない場合でも、念のため子どもの有無は確認しておいた方が良いでしょう。

恐れるに足らぬ年上男性

年上男性に振り向いてもらえる可能性?

あるある。アリ寄りのアリを通り越して、がぜんアリです。

場合によっては男性側から「お願いします!」ってバラを渡してくるレベルですし、いくつになっても「心は少年」という男性も多いので、精神的な釣り合いでいっても、全然アリです。

10個くらい年上でも、付き合ってみると子どもだったりすることもありますから。

あなたに好意を持っていても行動に移せない男性は、年下のあなたに「うわー、やっぱりおじさんだわー、ないわー」と辟易されるのが耐えられないのだと思います。

なので、ナウシカのように「おいで。さあ。ほら、怖くない。怖くない。おびえていただけなんだよね」と、両手を開いてあげてください。

恋愛という土俵に上がりさえすれば、もう大丈夫です。自信を持ってアプローチしましょう。

(二宮ゆみ)

※画像はイメージです

※この記事は2021年11月24日に公開されたものです

二宮ゆみ

元人気ホステスのブロガー・コラムニスト。ホステス歴10年を活かした恋愛テクニックが好評。著書『元人気ホステスの恋愛ルーティン モテテク☆さ・し・す・せ・そ』が絶賛発売中。
公式ブログ:http://ninoyumi.com/
この著者の記事一覧 

SHARE