お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークの言い訳5選。上手にごまかす方法と隠し方

なかむらみほ

キスマークがついてしまった時、家族や職場の人に見られて気まずくなることもあるでしょう。この記事では、キスマークがある時の言い訳と、上手な隠し方について解説します。

恋人がいると、キスマークがついてしまうこともあるでしょう。

しかし、他人から「それってキスマーク?」と聞かれた時、あなたならどんな反応をしますか?

いきなりキスマークを指摘されたら、恥ずかしくなったり気まずくなったりするかもしれません。

今回は、キスマークについての言い訳や隠し方を紹介します。

キスマークの言い訳5選

まずは、キスマークの自然な言い訳について紹介します。

(1)「やけどした」

もし、キスマークがバレそうになったら、「やけどしたんだ」と言ってみましょう。

普段からヘアアイロンなどを使用している場合、かなり自然な言い訳として使えるはず。

ヘアアイロンを使わない人であれば、料理している時にやけどしたと言うのもおすすめです。

(2)「虫に刺された」

「虫に刺された」いう言い訳も、キスマークであることを隠せるでしょう。

例えば「蚊に刺されて、かいているうちに赤くなった」「いつの間にか虫に刺されていた」と言ってみましょう。

ただし、冬よりも夏の方が自然に使える言い訳かもしれません。

(3)「ペット/子どもに引っかかれた」

飼っているペットや小さな子どもに引っかかれたと言うのも、うまくごまかせる言い訳の1つ。

実際に、ペットや子どもから引っかかれてけがをするケースはよくあることなので、キスマークとはバレにくいでしょう。

ただし、一緒に住んでいる家族には不審がられる可能性もあるので注意しましょう。

(4)「けがをした」

「けがをした」と、あえてふわっとした言い方をするのも1つの手。

もし「何があったの?」と深堀りをされたら、「物にぶつけて内出血しているみたい」などと言ってみましょう。

または、思い切って「知らないうちに、けがをしていた」と流してしまうのも良いかもしれません。

(5)「友達が酔ってつけた」

思い切った言い訳として「酔った勢いで友達にキスマークをつけられた」というものもあります。

ただし、仮に同性の友達同士であってもキスマークには変わりないので、「本当に友達なの?」と怪しまれる可能性も。

そのため、好きな人の前では使わない方がいい言い訳かもしれません。

次ページ:キスマークを上手に隠す方法3選

SHARE