お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークが痛い理由は? 痛くないつけ方と痛い時の対処法

なかむらみほ

恋人を傷つけずに痛いと伝える方法

キスマークが痛いと感じる場合、恋人にどうやって伝えるべきか悩む人もいるでしょう。

ムードを壊したり、相手を傷つけたりしてしまうのでは……と不安に思うかもしれません。

できるだけ恋人を傷つけたくないと思う方は、「とてもうれしいけれど、キスマークを人に気づかれると恥ずかしい」というように伝えてみましょう。

もしくは、正直に痛みがあることを伝えるのも大切です。

2人の関係性をより良いものにするためにも、我慢せずに話し合うことをおすすめします。

キスマークが痛い時は相手に相談しよう

キスマークが痛いと感じた場合、ムードを壊してしまいそうで恋人に伝えづらい時もあるでしょう。

しかし、痛みを我慢するのは良いことではありません。

2人の関係性をより良く保つためにも、痛みを感じる場合は相談し合ってみてくださいね。

参考記事はこちら▼

キスマークの意味からつけ方&消し方まで、「キスマーク」の全てを網羅的に解説した完全マニュアルです。

(なかむらみほ)

※画像はイメージです

※この記事は2021年11月15日に公開されたものです

なかむらみほ

関西在住で20代後半のフリーライター。日々新しい情報を吸収するのが好き。趣味は読書、映画鑑賞、音楽を聴くこと。趣味のおかげで言葉の影響力の大きさに気づき、ライターになることを決意。現在ジャンル問わず記事執筆をしており、なかでも人間関係のテーマが得意。誰もが納得できる文章を目標とし、物事を深く追及。よりレベルアップすべく心理学を勉強中。

この著者の記事一覧 

SHARE