お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークが痛い理由は? 痛くないつけ方と痛い時の対処法

なかむらみほ

痛くないキスマークのつけ方

コツさえ押さえれば、相手に痛みを感じさせることなくキスマークをつけることができます。

ここでは、痛くないキスマークのつけ方を紹介します。

(1)軽く優しく吸う

キスマークをつける際は、軽く優しく吸うことを意識してみましょう。

くちびるに力を入れて強く吸うと、痛みを伴うことがあります。

そのため、一気にキスマークをつけようとはせず、数秒間優しく吸ってみてください。

(2)くちびる全体を使う

キスマークをつける時は、くちびる全体を使ってみましょう。

肌とくちびるをしっかりと密着させることで、無理な力を加えずにキスマークをつけることができます。

なお、くちびるが乾燥していると吸いづらくなるため、保湿ケアも意識してみてください。

(3)口をすぼめる

キスマークをつける時は、できる限り口をすぼめながら吸うことを意識してみましょう。

首筋などはとてもデリケートなので、歯が当たらないようにするためです。

口をすぼめながら、くちびるをしっかりと密着させることがポイントといえます。

次ページ:恋人を傷つけずに痛いと伝える方法

SHARE