お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【褒め言葉一覧】女性・男性・子ども・上司・後輩に使えるおすすめの褒め言葉

三上ナナエ(マナー講師)

褒め言葉一覧~子ども編~

子どもへの褒め言葉としては以下のようなものがあります。

何が良かったのかを具体的に褒める

子どもを褒める時は具体的に何が良かったのか分かるように褒めると良いでしょう。「〇〇に挑戦したから良かった」「〇〇ができたのがすごい」と言われた方が子どもに伝わりやすいです。

・お部屋の掃除を頑張ったんだね、えらい!

・とてもすてきな絵が描けたね、上手だよ

挑戦したことを認めて褒める

一生懸命頑張ったことに対して褒められると子どももうれしく感じるもの。もし何かにチャレンジして失敗したとしても、その頑張りを褒めることが重要です。

そうすることで、頑張るという過程も認められるということに子どもが気づき、新しいことへの挑戦も恐れないようになるでしょう。

・逆上がりの練習、一生懸命頑張っていたね

・毎日早起きに挑戦してえらいね

感謝の気持ちを伝えるように褒める

大人の役に立つことをうれしいと感じる子どももいます。なので、褒める時に感謝の言葉も一緒に言うと効果的です。人の役に立てたと感じると共に、次もお手伝いしようとやる気を出してくれるはずです。

・料理のお手伝いをしてくれてありがとう

・掃除のお手伝いをしてくれたから助かったよ、ありがとう

成長していることを褒める

子どもは日々成長しています。できるようになったことにフォーカスして褒めるのも良いでしょう。成長を褒められることで子どもの自己肯定感も上がります。

・この前よりも上達したね! すごい!

・自分で服を着られるようになったね

次ページ:褒める時の注意点

SHARE