お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自然消滅までの期間は? 成立させる方法と回避する方法

すずや鈴音(元キャバ嬢ライター)

自然消滅を回避する方法

自然消滅を狙う人がいる一方、「最近彼と連絡が取れない」と自然消滅に怯えている人もいるはず。しかし、すぐに行動を起こせば自然消滅を回避できる可能性もあります。

(1)相手が「別れたい」と思う理由を考える

彼からの連絡が減るなど、自然消滅の流れが見え始めたら、まずは「相手はなぜ別れたいと思っているのか?」について考えることが大切です。

そして、「最近すれ違いが多く、気持ちが冷め気味だったかも」と思うのであれば、2人の時間を増やす努力をします。

反対に「束縛してしまい、彼がうんざりしていた」などの心当たりがあるなら、相手との距離感を見直してみましょう。

このように、相手が自然消滅を狙う理由が分かれば、どう対処すれば良いかが分かります。

(2)コミュニケーション不足を解消する

「最近あまり会えていない」「連絡したいけど話すことがない」など、直接会ったり話したりする機会が極端に減ると、お互いに何を考えているのか分からなくなります。

そうなると、お互いに別れを意識しがち。そこから自然消滅につながるパターンも珍しくはありません。

もしも、そういったコミュニケーション不足が原因で自然消滅になりかけているのであれば、たわいない話でも良いので恋人と会話する時間をつくるようにしましょう。

コミュニケーション不足が解消されると、相手も「別れたいのではなく、実は寂しかっただけ」であったことに気づいてくれるかもしれません。

(3)自分の方から別れを匂わせる

相手が「特に理由はないけど、別れても良いかな」と曖昧な気持ちで自然消滅を狙っているのであれば、まだ別れに対して覚悟が決まっていない可能性も高いです。

そこで、あえて自分の方から別れを匂わせるようにしてみましょう。いざ「本当に別れるかも」となると、覚悟が決まっていない男性は焦りを感じ、後悔し始めます。

この方法は自然消滅を回避できるだけでなく、彼に「二度と軽い気持ちで別れを考えてはいけない」と実感させるきっかけにもなるのです。

注意しなければいけないのは、これは別れる覚悟ができていない相手にだけ有効な手段であること。

「絶対に別れたい」と決意した相手の気持ち引き止めるのは至難の業です。

もし相手がすでに別れる決心をしていれば本当に別れにつながってしまう可能性もあるので、これは奥の手と考えておくと良いでしょう。

次ページ:自然消滅を回避できる可能性はどれくらい?

SHARE