お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自然消滅までの期間は? 成立させる方法と回避する方法

すずや鈴音(元キャバ嬢ライター)

自然消滅を狙う時の注意点

別れ話をせずに済む自然消滅には、いくつかのデメリットもあります。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、自然消滅を狙う前は注意点も一緒に知っておきましょう。

(1)偶然会った時に気まずくなる

自然消滅で別れると、偶然相手と会った時に気まずい思いをする羽目になります。

ただ気まずいだけであればまだ良いのですが、当時のことで怒られたり、新しい彼女と一緒にいるのを見せつけられたりと、後味の悪い再会になる可能性もないとは言い切れません。

自然消滅の後は、出歩くたびに警戒しなければいけないことも覚悟しておきましょう。

(2)相手に恨まれる可能性がある

しっかり話し合い、お互いが納得した上での別れと違い、自然消滅は何もかもが曖昧なまま終わりを迎えます。

別れた日も原因も分からないまま関係が終わってしまうので、状況次第では相手に恨まれてしまう可能性も高いのです。

忘れた頃に、相手から「こんな別れ方はない」「自然消滅は卑怯だ」と責められる場合もあれば、「まだ別れたつもりではない」と修羅場になる場合もあるので注意しましょう。

(3)悪いうわさを流される可能性がある

自然消滅で相手から恨みを買ってしまうと、悪いうわさを流される可能性もあります。特に彼との間に共通の知人が多い人や、地元や職場が同じ人は注意が必要です。

「他に好きな人ができたに決まっている」などの推測で別れの原因を広められたり、「やっぱり浮気をしていたのだ」と、うその情報を流されたりすることもあるかもしれません。

彼との共通のコミュニティが多い人ほど気をつけましょう。

次ページ:自然消滅を回避する方法

SHARE