お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「親しき仲にも礼儀あり」の意味は? 使い方や類語を解説

大部美知子

「親しき仲にも礼儀あり」の類語(例文つき)

「親しき仲にも礼儀あり」の類語や言い換え表現としては、下記のようなものがあります。

「思う仲(中)には垣(かき)をせよ」

「垣」とは、区画を区切る仕切りや囲いなど間を隔てるもので、「垣をせよ」とは「節度を守りなさい」という例え。

「良い仲には垣をせよ」「親しき仲に垣をせよ」「近しき仲にも垣を結え」とも言います。

相手のことにあまり口を挟むことなく、相手の自由を尊重しなければならないというニュアンスがあります。

これは交際中のカップルや、夫婦へのアドバイスに使える表現でもあります。

例文

結婚式を挙げた新郎新婦に対して、披露宴での祝辞スピーチをする場面では、下記のように用いることができます。

これから夫婦として末長く仲良く過ごしていくための秘訣として、「思う仲には垣をせよ」ということわざがあります。

「良い仲(中)にも笠(かさ)を脱げ」

「笠」は帽子のことで、あいさつをする時には帽子を脱ぐのが礼儀ということから、「親しい仲でも礼儀を忘れてはいけない」という意味を表しています。

「親しい関係でも礼儀を尽くす」という意味から、職場や友人関係とのマナーの重要性を喚起するニュアンスを伝えることができます。

例文

ビジネスマナーが苦手な新人に対して指導する時は、下記のように言うことができます。

○○さん、「良い仲にも傘を脱げ」ということわざを知っている? お客さまに対してだけでなく、皆が気持ち良く仕事をするために職場内でもマナーを守ることが大切だよ。

「心安きは不和の基(こころやすきはふわのもと)」

「心安き」とは親しくて遠慮がない様子。「不和」とは仲が悪いこと。

「基」は物事の起こりで、「あまりに親しくなりすぎるのは、かえって仲が悪くなる原因になる」という意味です。

例文

就活の面接で「職場生活で大切だと思うことは?」という質問に答える場面で、以下のように用いることができます。

前職での経験から、「心安きは不和の基」のことわざにあるように、適度な距離感を持ってプロ意識で臨むことが大切だと考えています。

次ページ:「親しき仲にも礼儀あり」の対義語(例文つき)

SHARE