お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【簡単】アロマキャンドルの作り方! 100均レシピとアレンジ方法

レン

アロマキャンドルを作る時の注意点

アロマキャンドルを作るなら、ぜひ安全に楽しみたいもの。簡単に作れるアロマキャンドルですが、注意点もあります。

最後に、注意点を2つ紹介しますので、作成時には注意してみてくださいね。

火の取り扱いに気をつける

ろうそくを鍋で直接加熱して温度が高くなると、発火のおそれがあり大変危険です。そのためアロマキャンドルを作る時は直接鍋に入れず、必ずボウルに入れた状態で湯煎してください。

湯煎する時は、火事を起こさないためにも、火の取り扱いには十分注意しましょう。

また、溶けたロウは大変高温です。肌に触れるとやけどの原因になるため、直接触れないようにします。

熱したロウを取り扱う時は、跳ねないよう静かに取り扱いましょう。特に小さなお子さんと一緒にアロマキャンドルを作る時は、やけどに注意してくださいね。

ロウの温度が下がってから精油を入れる

ロウの温度が高い状態で精油を入れると、香りが飛んでしまいます。

理想とされる温度は60度。もし温度計があるのなら、ロウが60度になってから精油を入れましょう。

温度計がない時でも、温度が下がってから精油を入れるように意識してくださいね。

アロマキャンドルの作り方は意外と簡単!

材料が手に入りやすくて、作り方も簡単なアロマキャンドル。アレンジを加えれば、世界に1つだけのアロマキャンドルが作れます。

香りだけでなく、花を入れたり色をつけたりするのも素敵です。ぜひ実際に自分好みのアロマキャンドルを作ってみてくださいね。

(レン)

※画像はイメージです

※この記事は2021年10月05日に公開されたものです

レン

フリーライター。犬と音楽が大好き。B級ホラー映画フリーク。高校在学中に短編小説で新人賞を受賞。IT企業や設計会社で働き、ライターとして独立。エッセイやシナリオ、ブログ記事など各種記事を執筆中。

この著者の記事一覧 

SHARE