お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「垢バン(垢BAN)」とは何のこと? 意味や事例を紹介

武田 麻希

垢バンされた例

ここからは、垢バンに至ってしまう具体的な理由について見ていきましょう。

ゲームでの垢バン

オンラインゲームにおいて、「課金アイテムを無課金で手に入れる裏技」がネットなどを介して有名になることは多いです。

しかし、このような行為は不正行為とみなされることがあり、場合によっては垢バンになってしまうこともあります。

ゲームで垢バンされることを防ぎたいなら、運営に禁止されている行為は避けましょう。

SNSでの垢バン

SNSなどで、一部のユーザーが他のユーザーに対して悪口などの不快な発言をしたり、利用規約に何度も抵触したりしてしまうことがあります。

これらの行為は垢バンの原因になりやすいです。

垢バンされると一時的な停止では済まないこともありますので、人に迷惑をかけるような使い方は避けましょう。

「垢バン」されないように注意

今回は、ネットスラングの「垢バン」が「SNSやネットゲームなどで、運営者からアカウントを削除され、利用停止されること」であることを紹介しました。

主な原因は、ガイドライン違反か著作権違反です。

場合によっては一時的な利用停止で済む場合もありますが、完全にアカウントが削除されてしまうこともあります。

垢バンされるということは、運営や他の利用者に何らかの迷惑をかけていることが多いです。心当たりがあるなら、垢バンされる前にこれまでの使い方を見直すのが良いでしょう。

(武田 麻希)

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月31日に公開されたものです

武田 麻希

ホテルや外資系金融会社などでの勤務歴があるフリーライター。これまでの人との関わりや大学で学んだ心理学についての知識、FPなどの資格取得を通じて得た経験をもとに、記事を執筆している。

この著者の記事一覧 

SHARE