お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エクセルで引き算をする方法は? 関数の使い方&時刻・日付の引き算方法

どいまちこ

【応用編】エクセルで計算する時に使う記号一覧

エクセルでは「演算子」を利用すると、引き算以外にも計算できるようになります。演算子とは、計算に使う記号のこと。

最後に、応用編として引き算以外の演算子をまとめておきます。

足し算は「+」

足し算する時は、画像のように演算子「+」を利用します。

もしくは、「=SUM(B2:B4)」のように、SUM関数を使って足し算することもできますよ。

掛け算は「*」

掛け算には、演算子の「*」を使います。セル内で「数値*数値」と入力すれば、掛け算した値の合計が表示されますよ。

割り算は「/」

割り算で使用する演算子は「/(スラッシュ)」です。

他の演算子も同様ですが、使う場合は半角で入力することを忘れないようにしましょう。

エクセルの引き算を覚えると次へのステップアップに

今回は、エクセルで「引き算」の方法を解説しました。シンプルな引き算なら「-」を入れるだけで計算ができます。

エクセルは、他にも足し算や掛け算、割り算などにも使います。しかし今回紹介した「引き算」のやり方を覚えていると、次へのステップアップはスムーズにできるでしょう。

ぜひ、エクセル上で簡単に計算できる「引き算」を活用してみてください。

(どいまちこ)

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月27日に公開されたものです

どいまちこ

高知県在住フリーライター。20年以上の事務経験を経て独立。 相手に寄り添える、そんな文章を心がけている。 現在、古民家で保護猫2匹と暮らしており、 今後は日本各地へトラベルワークをしながら、美味しい地酒と各地域の美味しいものを愉しむことが夢。

この著者の記事一覧 

SHARE