お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「善処します」は良い反応? 意味や使い方の注意点

kirara

「善処します」を言い換えられる類語

「善処します」は便利な言葉である一方、相手に誤解させてしまう可能性があります。

そこで、「善処します」の代わりに使える類語を紹介していくので、状況に合わせて使い分け、きちんと自分の言いたいことを伝えられるようにしましょう。

対処

「対処」は「状況に合わせて最適な処置をする」という意味の言葉。

ある程度自分の裁量で行動することを表しており、「善処」と違って「実際にやる」というニュアンスで使います。

そのため、相手に断っているような印象を与えたくない時には、「善処」よりも「対処」を用いて返事をしましょう。

例文

・この案件に対しては、こちらで対処します

対応

「対応」は「周囲の状況に合わせて行う」ことを表す言葉。

「善処」は「適切な行動」が求められますが、「対応」の場合はどんな行動でも当てはまるため、必ずしも相手が望む結果ではないこともあります。

また、「対処」と同じように曖昧なニュアンスはないため、「対応します」と伝えることで、頼まれたことができる意図を伝えられますよ。

ただ、「対応」した結果、状況が悪くなる場合もあります。自分からお願いする場合は「対応してください」よりも「善処してください」の方が良いかもしれません。

例文

・新しいスケジュールへの変更につきましては、柔軟に対応いたします

取り計らい

「取り計らい」とは「物事がうまく運ぶように処理をすること」を意味する言葉。

返事として使う場合は、主にお礼の気持ちを表し、相手がお願いなどに応じてくれた時に使用します。

「善処します」とは違って、相手の行動に対して使うため、お願いされた時の答えとしては使えない点に注意が必要です。

また、自分からお願いする場合にも使用でき、この時には「善処してください」のように「前向きに考えてほしい」というニュアンスを伝えられます。

例文

・この度は、お取り計らいいただきありがとうございます。

次ページ:「善処します」の英語表現

SHARE