お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリにいい人がいないと感じる原因7選。出会うコツと見分け方

夏目椿(夏椿)

マッチングアプリでいい人に出会うためのコツ

マッチングアプリでいい人に出会うためには、自ら行動することが大切です。では、具体的にどのように行動すべきかを解説します。

(1)積極的に行動する

「いいね」されるのを待つだけではなく、「この人いいな」「この人タイプ!」など、気になる人がいたら自分からも積極的に「いいね」しましょう。

また、魅力的なプロフィール写真を用意してこまめに更新するなど、積極的に行動することでいい人との出会いのきっかけをつかめます。

(2)焦らず粘り強く行動する

アプリでは気軽に出会いを探せますが、前述のペアーズにおける恋人ができるまでの平均期間は4カ月。マッチングしても、すぐに交際に発展するわけではありません。

いいなと思う人にアプローチして、メッセージのやりとりをし、デートを重ね、うまくいけば交際に発展します。根気良く出会いを探しながら、焦らず粘り強い行動を続けることが必要です。

(3)複数のアプリを使って出会いの場を増やす

マッチングアプリを複数使えば、出会える異性の数も増えます。アプリを変えれば利用層の年齢や目的なども変わるため、いい人に出会える可能性がアップするのがメリットです。

マッチングアプリにおけるいい人の見分け方

マッチングアプリでいい人を見分ける方法を解説します。

以下を満たしていれば、真剣に出会いを求めている人の可能性が高く、遊び目的や業者である可能性は低いと言えます。

(1)礼儀正しい

真剣な出会いを求めている人は、相手に失礼な態度を取ることは少ないです。

年齢に関わらず、敬語が使えるか、いきなり突っ込んだ質問をしてこないか、返事の催促をしてこないかなどを見てみましょう。

(2)すぐにLINEなどを聞いてこない

ほとんどのマッチングアプリでは、メッセージ内容を24時間体制で運営が監視しています。ですが中には、そうした監視の目を避けて勧誘などを行うために、すぐにLINEなどの外部の連絡先交換を持ち掛けてくる人も。

マッチングアプリ上でメッセージのやりとりをじっくり行う人は、真面目な人である可能性が高いと言えるでしょう。

(3)すぐに会おうとしない

すぐに「ご飯に行こう」「飲みに行こう」と誘ってこない人は、遊び目的ではなく真面目な人である可能性が高いです。

少なくともメッセージを5~10往復以上行うなど、信頼関係を築いてから誘ってくれるかどうかをチェックしてみてください。

(4)デートの時間をこちらに合わせてくれる

遊び目的の人は、夜にお酒を飲もうと誘ってきたり、家に招けるように自分の家に近い場所で会おうとしたりする可能性があります。

こちらの都合に合わせて、デートの時間や場所を提案してくれる人は、いい人である可能性が高いです。

次ページ:マッチングアプリで関係が進展しない場合の対処法

SHARE