お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「体の相性が良い人」とは? 判断基準や相性を良くする方法

「体の相性が悪い」とは?

体の相性が悪いと感じるパターンも存在します。

続いては、体の相性が悪い場合の特徴を見ていきましょう。

(1)性に対する価値観が合わない

そもそも考え方が違うので、体の相性が良いとは感じられないことが多いでしょう。

例えば「愛情を感じたいからしたい人」「欲求を満たすためだけにしたい人」というように、価値観は人それぞれです。

どちらかの考えに合わせれば解決するかもしれませんが、価値観の合わない体の関係は、いずれ日常生活にもヒビが入る恐れがあります。

(2)痛みや不快感を伴うことがある

行為そのものに痛みや不快感がある場合は、体の相性が悪いといえるでしょう。

知らず知らずのうちにお互いが自分本位になってしまっているので、体を重ねても苦痛でしかないのです。

例えば、行為の時間が長く感じる、痛みを感じる、苦痛で早く終わってほしいと感じる、という場合が挙げられます。

ただし、これらは話し合いなどで解決するケースもあります。

(3)少し触れただけで違和感がある

少し肌が触れただけで「気持ち悪い」「触られたくない」などネガティブな印象を受けるようなら、体の相性が悪いのかもしれません。

手をつなぐなどはスキンシップの基本。この時点で相手に嫌な印象を抱いてしまうのであれば、体の相性は期待できないでしょう。

あなたとパートナーは? 体の相性チェック診断

体の相性が良い・悪いの判断基準は何となくイメージがついたでしょうか?

ここで気になるのが、自分とパートナーの相性はどちらに分類されるのかですよね。気になったら、診断で客観的な相性を測ってみるのもいいでしょう。

【体の相性チェック診断】あなたはパートナーに満足してる?

次ページ:体の相性が良いことのメリット

SHARE