お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリでうまくいかない理由7選。すぐできる解決策

山本茉莉

マッチングアプリでうまくいかない時の対処法【メッセージ編】

マッチングした相手とデートできるかどうかは、メッセージの送り方次第と言っても過言ではありません。せっかくのマッチングを逃さないように、上手なメッセージのコツを確認しておきましょう。

(1)初回メッセージで好印象を与える

「メッセージがうまくいかない」と感じている人は、初回メッセージで好印象を与えられているか見直しましょう。

マッチング相手が年下でも、初回は敬語を使うのが無難です。さらに、メッセージの始めにマッチングへのお礼や「いいね」した理由を添えると、誠実さや真剣度をアピールできますよ。

なお、初回メッセージはあいさつだけにせず、相手が返信しやすい内容を入れるのも重要です。プロフィールから読み取った共通点を書いたり、文章の最後に質問を加えたりすると、話題が広がってやりとりが続きやすくなります。

「お返事楽しみにしています」など、返事を待っていることをさりげなく伝えるのもおすすめです。

(2)受け身なメッセージを送らない

マッチングアプリでは、「いいね」を送るだけでなくメッセージでも積極性を見せることが大切です。受け身な姿勢でメッセージを続けると、相手は返信に困ってやりとりが途切れやすくなります。

「へー」「そうなんだ」といった短文の返信ばかりでは、相手は何と返せば良いか分からなくなるもの。自分からも質問したり早めに返信したりと、積極的にメッセージを送ればフェードアウトを回避できます。

(3)読むのが疲れる文章は避ける

読むのが疲れる文章を送っていると、相手が面倒に感じるので返信率が下がります。

ストレスを与えやすいのは、絵文字の量や返信の間隔、文章量に差がありすぎるメッセージなど。自慢話やどうでも良い話を好まない人も多いです。

質問ばかり、あるいは質問の返答ばかりも良い印象を与えないため、程良いバランスで質問しながら自分の話を盛り込むことが大切です。言葉遣いが荒い文章や下ネタが多いメッセージも敬遠されやすいので避けましょう。

次ページ:マッチングアプリでうまくいかない時の対処法【デート編】

SHARE