お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリは2回目のデートが大事。誘い方やコツ、脈ありサインは?

マッチングアプリ

【女性編】2回目デートの脈ありサイン

女性も男性と同じように、好意を持っている相手にしか見せないサインがあります。

どのような行動がデートで見られたら脈ありと考えられるのでしょうか。ここでは女性が見せる脈ありサインについて紹介します。

(1)常に笑顔で話を聞いてくれる

相手と一緒にいるのが楽しい気持ちが顔に出てしまっています。愛想笑いはそう長く続かないものなので、「ずっと楽しそうにしてくれている」と感じたら脈ありと考えて良さそうです。

愛想笑いかそうでないか判断するには口元だけではなく、目元もチェックを。「目は口程に物を言う」ということわざがあるように、目元から笑っている場合はほぼ脈ありといえるでしょう。

(2)近寄っても嫌がらない

近寄っても距離を開けたり嫌そうにしたりしなければ、心を許していることの表れです。

通常であれば他人が近付くと、反射的に一定の距離を空けたくなるのが人間の心理。これをパーソナルスペースと呼びますが、パーソナルスペースに踏み込んで良いのは自分が心を開いている人だけに限られます。

相手の脈ありサインを見極める意味で、あえて近寄ってみて反応を見てみましょう。

(3)1回目のデートよりもおしゃれに決めてきた

かわいくなりたい・きれいでいたいと思っている気持ちが外見に表れているパターンです。

大切な人とのデートだからこそ、メイクや服装にいつも以上に時間を掛けているのです。もし気づいたら放置せず、素直にかわいいと感想を言いましょう。

気になる相手が見た目の変化に気づいてくれるのはうれしいもの。2回目のデートは笑顔いっぱいで過ごせるはずです。

(4)軽くボディータッチをしてくる

脈ありサインの中でも高い可能性が期待できるのがボディータッチ。

好意がない相手の体に積極的に触れようとはしないもの。

そんな中で、「○○さんって面白いですね」と肩を軽く叩いたり、「やっぱり男性の手って大きいですね」と手に触ってきたりと、相手から積極的に触ってくるのは脈ありの可能性があります。

積極的に触ることがなくても、偶然手が触れてしまった時などに恥ずかしそうにするのも脈ありサインの1つです。

次ページ:2回目デートで告白するのはアリ?

SHARE