お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリは2回目のデートが大事。誘い方やコツ、脈ありサインは?

マッチングアプリ

マッチングアプリで2回目のデートに誘うコツは?

気になる相手とは早い段階で交際まで持っていきたいもの。

とはいえ、焦りは禁物。物事には順序があり、相手の気持ちを尊重するのが大切なポイントです。

ここではマッチングアプリで2回目のデートに誘うコツを解説します。

(1)1回目のデートで次の約束をする

初回のデートで「もう一度会ってくれませんか?」と自分から提案するのが自然な流れとなります。

デートのお誘いは男性からというイメージが強いですが、男女どちらから誘ってもOKです。

デートの終盤で伝える場合は「今日は楽しかった」など感想を言う時に切り出すのが良いでしょう。

デートの中盤でも「今度はここに行ってみたい」といったように、「次回」を連想させる会話があればそこで誘うのもおすすめです。

(2)会うのは1回目のデートから2週間以内にする

お互いの熱が冷めない内に誘うのが大切です。日数でいえば2週間以内を目安に次回の約束をしましょう。

3週間以上空くと相手の気持ちが冷めてしまう場合があります。マッチングアプリでは他の人ともやりとりをしているので、間を空けすぎると他の人に行ってしまうパターンももちろんあるからです。

とはいえ、無理に2週間にこだわる必要もありません。相手が希望しているなら1週間後、もしくは明日会う約束をしても良いのです。

(3)日程や場所を自分から提案する

デートに誘う以上、相手任せにするのはあまり好ましくありません。相手が空いていそうな日程を割り出し、好きな食べ物や趣味から喜びそうな場所を提案しましょう。

日程はいくつか候補を挙げると親切です。「この辺りが自分は空いていますけど、あなたはどうですか?」といった具合に、相手の都合を聞き出してみてください。

また、自分の趣味嗜好に偏り過ぎる場所は避けるのがベター。

「イタリア料理が好きと聞いていたので、○○においしそうなお店を見つけたのですが一緒に行きませんか?」など、あなたのためにお店を考えたということをさりげなくアピールするのがポイントです。

次ページ:マッチングアプリで2回目のデート場所は?

SHARE