お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

年下男子との恋愛を楽しむには? 彼の本音や付き合う上での注意点

年下男子との恋愛を楽しむためのポイント6つ

年下男子との恋愛を楽しむには、いくつかの注意点を意識することが大切です。

さっそく、そのポイントを見ていきましょう。

(1)1人の男性として接する

たとえ年下でも、相手のことをしっかりと尊重することが大切です。

「あなたは私よりも人生経験が少ないから」などと見下すのは、絶対NGです。

1人の人間同士として、相手を理解しお互いの考えを尊重することで、良い付き合いができるでしょう。

(2)年齢の話題は出さない

2人の年齢差は、どんなに努力をしても変えられません。変えられないことを気にし続けるのはやめましょう。

たとえ冗談のつもりだとしても「私っておばさんだから」などの自虐的な言動も良くありません。

相手が返答に困るだけでなく、自虐的な言葉が2人の関係にネガティブな影響を与えていく可能性もあります。

(3)収入格差を意識させない

年下男子が引け目を感じないよう、収入の話はなるべく控えましょう。

羽振りの良さを自らアピールしたり、いつも高いお店に誘ったりすると、いずれ「価値観の違い」を生みかねません。

2人の関係を長持ちさせるためには、自分が無理しない程度に年下男子の懐具合に歩み寄ってみることをおすすめします。

(4)自分からも愛情表現をする

「年上だから大人の対応を」と思いすぎるのは危険です。

中でも、愛情表現については決して「言わなくても分かるでしょう」と思ってはいけません。

自分の方が年上だから、甘えたりベタベタしたりするのは大人げない、などとは思わず、素直に気持ちを伝えてみましょう。

(5)「かわいい」ではなく「かっこいい」と言う

年下男性を見て「かわいい」と思う場面があったとしても、その言葉を多用しすぎるのは避ける方が良いかもしれません。

かわいいと言われて、男性が必ずしも喜ぶとは限りません。

「かわいい」というワードは心の中にしまっておき、その代わりに「かっこいい」と伝えることをおすすめします。

(6)過度な期待を抱かない

「もう少しリードしてほしい」などと相手に期待ばかりするのはやめましょう。

期待した分、それがかなわなかった時に「いつも私ばっかり我慢している」などと、不満に変わってしまう可能性があります。

そして、女性の不満げな様子は、年下男子から自信を奪ってしまう場合があります。

過度に期待しすぎず、「これをしてくれたらラッキーだな」という程度に思っておきましょう。その余裕も、年上女性の魅力として映るかもしれません。

次ページ:年下男子が見せる脈ありサイン

SHARE