お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いつまでできる?  Gmailで送信取り消しをする方法

moeka

誤送信を防ぐための「予約設定」活用方法

Gmailでは、メールを送ってから最大30秒以上経ってしまうと、送信を取り消しできません。しかし、予約設定をすることで、事前に誤送信を防ぐための対策をすることは可能です。

事前にメールを作成して送信予約をしておけば、間違いがないか落ち着いて確認することも可能ですし、メールの送信を忘れてしまう心配もありません。

ここからは、Gmailの送信予約をする手順を、PCとスマホに分けて解説していきます。

PCの場合

PCの場合、以下の手順で送信予約を行います。

STEP1:Gmailの画面を開く

STEP2:左上にある「作成」をクリックして、新規メッセージを作成

STEP3:左下の「送信」ボタンのすぐ横にある下矢印をクリック

STEP4:「送信日時を設定」を選択

STEP5:自分が送りたい日時を設定

スマホの場合

スマホの場合、以下の手順で送信予約を行います。

STEP1:Gmailの画面を開く

STEP2:右下にある「作成」をタップして、新規メッセージを作成

STEP3:右上の点3つのアイコンをタップ

STEP4:「送信日時を設定」を選択

STEP5:自分が送りたい日時を設定

以上が、Gmailの送信予約の方法です。

送信を予約した上で念入りに内容をチェックすることでより正しいメールを送ることができるはずです。

送信前のチェックは念入りに

Gmailの送信取り消しができるのは、メールを送信してから最大30秒です。

送信取り消しは便利な機能ですが、いつでも取り消しできるわけではないので注意が必要です。

メールを誤送信してしまうと、送った相手に悪い印象を与えてしまいかねません。

特にビジネスで利用する際には、何度も宛先や内容を確認してから送信するように心掛けましょう。

(moeka)

※画像はイメージです

※この記事は2021年06月30日に公開されたものです

moeka

女子大学生ライター。幅広いカルチャーに関心があり、本や人から情報を集める。文章を書くことが好きであるため、集めた情報をもとに様々な記事を執筆中。

この著者の記事一覧 

SHARE