お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ペアーズ(Pairs)の非表示機能とは? 方法&相手からの見え方を解説

マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】

アーリちゃん

ペアーズで非表示にされた時の見分け方はある?

ここまで、非表示機能の使い方を紹介してきました。一方で、「やりとりしていた相手から急に返事が来なくなった」など、自分が非表示にされてしまったのではと不安を抱いている人もいるのではないでしょうか。

残念ながら、ペアーズでは非表示にされたことを確かめる方法はありません。

ですがどうしても気になる場合、有料の既読機能を利用してみるのがおすすめ。

既読がついているならば相手がメッセージを読んでいるという証拠。非表示にされているわけではないと分かります。逆に、既読がついていないならば非表示にされているか、相手がアプリを開いていないと判断できます。

相手から音沙汰がなくなってしまった時は、「縁がなかっただけ」と気持ちを切り替えて次に進みましょう。

ペアーズで非表示にされてしまう原因

とはいえ、普通にやりとりしていただけなのに急に音沙汰がなくなると不安になりますよね。

ここからは、ペアーズで非表示にされてしまう原因として考えられるものを挙げていきます。

(1)不快なメッセージを送ってしまったから

ペアーズで相手を非表示にする時、特に多い理由が「この人からのメッセージを見たくない」というもの。

やりとりの中で不快な気持ちになったり、恋活・婚活への真剣度が伝わらなかったりする場合、非表示にすることがあるでしょう。

例えば、以下のようなメッセージを送っていないか確認してみてください。

・最初からタメ口で接する

・すぐにLINE交換やデートを提案する

・会話を続ける努力をしていない

(2)脈なしと判断されたから

ペアーズを使っている人の中には、脈なしと判断した相手を非表示設定にして、やりとりを断とうとする人がいます。

メッセージ欄を整理したい、気になる相手とだけやりとりしたいといった心理があると考えられます。

次ページ:ペアーズで非表示にされないために気をつけること

SHARE