お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご返信ありがとうございます」の丁寧な言い方は? 例文や類語も紹介

丸山りさ(まる)

「ご返信」を使った例文

続いて「ご返信」を使うシーンと例文を紹介します。

状況によって言い回しが変わるので、正しい使い方を覚えておきましょう。

相手からの返信にお礼を伝える時

相手から返信をもらったことに対してお礼をする時、「感謝申し上げます」「お礼申し上げます」といった言葉で感謝を伝えると丁寧でしょう。

また、「賜(たまわ)る」などの言葉を付け足すと、よりかしこまった言い回しになります。

例文

ご返信いただきありがとうございます。

ご返信感謝いたします。

ご返信を賜り、誠にありがとうございます。

相手へ返信をお願いする時

相手からの返信が欲しい時は、メールや手紙の文末に下記のような一文を入れると良いでしょう。

具体的に、「○月○日までに~」のように期限も伝えておくと、より親切です。

なお、「ご返信ください」「ご返信願います」といった言い回しは間違いではありませんが、強い印象を与える表現です。

目上の人や取引先、お客さまに対して使う場合、失礼だと感じさせる可能性もあるので避ける方が良いでしょう。

例文

ご返信お待ち申し上げます。

ご返信いただければ幸いです。

ご返信いただけますでしょうか?

返信不要であることを伝える時

ビジネスメールや手紙の場合、相手に確認さえしてもらえば返信は要らないというケースもあります。

その場合は、返信不要であることを相手に伝えておくと良いでしょう。返信が不要である理由も併せて送るとより丁寧です。

例文

ご返信には及びません。

ご返信は不要です。

ご返信はお気遣いなさいませんようお願い申し上げます。

自分の返信が遅れた時

「ご返信」は、自分が相手に返信する場合でも使える敬語です。

返信が遅れてしまったら、初めに謝罪の言葉を付けて送りましょう。言い訳せず、遅れた理由と謝罪のみを送ると印象が悪くなりません。

目上の人に謝罪する時は「すみません」や「ごめんなさい」という言い方はNGです。「申し訳ございません」「お詫び申し上げます」など、丁寧な言い回しをしましょう。

例文

ご返信が遅くなってしまい申し訳ございません。

ご返信が遅れましたこと深くお詫び申し上げます。

自分から返信することを伝える時

「ご返信します」だけだと、冷たい印象を与える可能性があります。

「お待たせして大変恐縮ですが~」など「ご返信」の前に言葉を付け足すと、より丁寧な言い回しになります。

例文

・○日までに、ご返信差し上げます。

・お待たせして恐縮ですが、本日中にご返信いたします。

・改めてご返信申し上げます。

次ページ:「ご返信」の類語と使い分け

SHARE