お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ロイヤリティ」とは? 意味や「ロイヤルティ」との違いを解説

Sai

【例文付き】「ロイヤリティ」の使い方

ビジネスシーンで「ロイヤリティ」を使う場合は、「ロイヤリティを支払う」のように名詞単体で使うパターンと、「ロイヤリティフリー」のように他の名詞と組み合わせて熟語的に使用するパターンの2種類に分けられます。

正しく使用するためにも、例文で詳しく確認しておきましょう。

「ロイヤリティ」を使った例文

さっそく「ロイヤリティ」を用いた例文を見ていきましょう。

例文

・フランチャイズ契約を結ぶ場合は、毎月必ずロイヤリティを支払わなければならない。

・著作権や商標権などが掛からない仕組みのことをロイヤリティフリーという。

ロイヤリティ収入を伸ばすことは、わが社が今後飛躍するための鍵となるだろう。

・本ビジネスにおいては、1件につき10%のロイヤリティが発生する。

次ページ:「ロイヤリティ」と「ロイヤルティ」の違いとは?

SHARE