お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ペアーズで会う前に電話するメリットは? 通話機能と注意点も紹介

マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】

すぎうら

Pairs(ペアーズ)で会う前に電話する3つのデメリット

Pairsでマッチングした相手と電話することには、デメリットもあります。

デメリットをしっかりと理解した上で、電話するかどうかを決めましょう。

(1)連絡が途絶える可能性がある

電話をすることで、今までは分からなかった相手の人間性が見えてきます。

そのため、「この人は違うな」と思われた場合は、連絡が途切れてしまう可能性があります。

もしあなたが相手を気に入ったとしても、相手も同じとは限りません。

(2)会う前に印象を悪くする可能性がある

連絡が途切れるまではいかなくても、会う前に印象が悪くなる可能性があります。

会ったことがない相手との電話は緊張するもの。緊張のせいで上手く喋れなかった、暗い声になってしまったなどの理由で、相手に悪い印象を持たれてしまうこともよくあります。

一度悪い印象を持たれると挽回することが難しいため、実際に会っても会話が盛り上がらないことも。

マイナスからのスタートは恋活・婚活においては不利なので、電話が苦手な人などは、慎重に考えた方がいいかもしれません。

(3)過剰な期待を持たれる可能性がある

電話での印象が良かった場合や会話が盛り上がった場合は、会う前に過度な期待を持たれる可能性があります。

実際に会ってみて電話と実際のイメージが違うと、戸惑われてしまうかもしれません。

また、会った時に思ったより話が盛り上がらないと、微妙な雰囲気になることも。

「電話で話した時はあんなに楽しかったのにな……」とギャップにがっかりされて、交際に発展しないケースもあります。

次ページ:Pairs(ペアーズ)で電話する時に気をつけたいこと

SHARE