お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Tinder(ティンダー)でモテる写真とは? 写真選びのコツ

もちぽめ

Tinderでマッチ率を高めるプロフィール写真のポイント

マッチ率を高めるために最も重要なのは、プロフィール写真です。

特に、TinderはサクサクLikeできるのが売りなので、ぱっと見て判断できるプロフィール写真が重要。プロフィール写真だけでマッチングするから、自己紹介文はほとんど書いてないという人もいるほどです。

ここでは、Tinderでマッチ率を高めるプロフィール写真の特徴をご紹介します。

(1)誰かに撮影された写真

相手からの印象が良い写真は、誰かに撮影されている他撮り写真です。

自撮り写真には、ナルシストな印象や加工しているイメージが強くあり、男女共にあまり人気がありません。また、交友関係が少なそうと思われる可能性もあります。

他撮り写真はナチュラルな姿を写すことができるので、マッチング相手から良い印象を持ってもらいやすいでしょう。

(2)笑顔を浮かべている写真

真顔の写真には、冷たそう・暗そう・怖そうなど、マイナスなイメージがつきやすいです。特に、アプリを介しての出会いに不安を持っている方は、真顔の写真にネガティブな印象を持ってしまいがち。

一方、笑顔の写真には、明るそう・楽しそう・優しそうなど、プラスなイメージがつきやすいです。お出かけした時の1枚など、自然な笑顔を浮かべている写真だと好印象を与えられます。

(3)全身が写っている写真

Instagramやファッション系アプリに多い全身が映った写真は、服装の好みや体型、トータルの雰囲気が伝えやすいので効果的です。

Tinderで顔だけでマッチングするには、ある程度のルックスが求められます。しかし、服装や髪型などを含めた全体の雰囲気で好印象を与えられれば、顔に自信がなくてもマッチングする可能性が高まります。

(4)ペットと一緒に写る写真

ペットと戯れている写真も、明るく爽やかなイメージを持ってもらいやすいです。

相手がペットを飼っていれば会話が弾むきっかけにもなりますし、動物を大切にする人は優しそうなイメージが強いため、好印象を与えることができます。

ただ、ペット単体の写真ばかり載せるのは良くありません。あくまで自分の写真をメインに、最後の1〜2枚にペット写真を載せるぐらいの塩梅にしましょう。

次ページ:マッチ率を下げるNGプロフィール写真

SHARE