お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

楽しく生きる10個の方法。名言や本から学ぶ人生のヒント

すぎうら

楽しく生きるための方法

続いては、毎日を楽しく生きるための具体的な方法を紹介します。すぐに取り入れられるものばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。

(1)視点を変える

楽しいか楽しくないかは自分の考え方次第です。あなたが「つまらない」と感じている状況も、他人にとっては楽しいものかもしれません。

環境や性格を変えるのは難しいですが、視点を変えることはできます。視点を少し変えるだけで、毎日を楽しいと思えるようになるかもしれません。

例えば、1人暮らしで「毎日つまらない」と感じている時。視点を変えると、1人の時間を思いっ切り楽しめる環境でもあります。好きな時間に起きて、食べたいものを食べ、たっぷり長風呂を楽しんでも誰にも何も言われないのは、1人暮らしの特権。

それを楽しむ方へ視点をシフトしてみてはどうでしょうか。

(2)広い視野で物事を見る

過去に形成された価値観にとらわれすぎると、考え方が凝り固まってしまいます。広い視野を持つことで、今までつまらないと感じていたものが楽しく見えるかもしれません。

出会いの数を増やして、新しい考え方を得ると視野を広げられます。習い事で新しいことに挑戦してみたり、初めて行く場所へ行ってみたり、視野を広げる努力をしてみましょう。

(3)自分にうそをつかない

自分の意思を尊重して思い通りに行動することで、正直な生き方を実現することができます。

他人の目を気にするあなたは、優しい人でもあります。いつも人の気持ちを考えて行動できているあなたなら、やりたいことへの挑戦を周りはきっと応援してくれるはず。

「これがしたい」と思ったら、他人の目を気にせず行動してみましょう。自分の気持ちにうそをつくのをやめてみると、人生を楽しめるかもしれませんよ。

(4)笑顔を心掛ける

「笑う門には福来る」という言葉があるように、笑顔の人には幸せが舞い込みやすいもの。

笑うと、自然と気持ちが前向きになります。また、笑顔を心掛けると、周りに人が集まりやすくなり、新たな出会いも生まれるでしょう。

(5)何事にも全力で取り組む

楽しく生きている人は、何事にも全力で取り組んでいます。前向きな姿勢は良い結果を生みやすく、仮に失敗しても後悔が残りません。

何事も中途半端にしてしまうと、後で「あの時こうすれば良かった」と後悔する可能性が高くなってしまいますよ。

何気ない毎日に思えても、全力で仕事に取り組んだり、TVを見て全力で笑ったりすると、楽しみが広がっていくかもしれません。

(6)他人と比べない

他人と比べれば、ほぼ確実に自分の足りない部分が見えてきます。「あの人のような才能があったら」「あんなにすてきな恋人がいたら」……と、比較を始めたらキリがありません。

まずは、自分なりの幸せの基準を見つけましょう。他人と比べて幸せかどうかよりも、自分が幸せと思えるかが大切です。

関連記事はこちら▼

人と比べてしまう原因と対処法を詳しく解説しています。

(7)好きなことをする時間を確保する

仕事や学業に忙しく、自分のために時間を費やせない人もいるでしょう。ふと「自分は何のために生きているのだろう」と思ってしまうことがあるかもしれません。

自分が好きなことをする時間を確保することで、毎日がより充実していきます。

やってみたいけれど、時間がなくて我慢していたことはありませんか? 無理して参加していた人付き合いをやめてみたり、ついついスマホを見てしまったりする時間を、好きなことをする時間に充ててみましょう。

(8)上手にストレス発散をする

生きていく上でストレスからは逃れられません。人生を楽しんでいる人は、ストレスの上手な発散方法を知っています。

ストレスを抱え込んで爆発する前に、スポーツやカラオケなど、好きなことをして上手に発散させましょう。

軽く近所を散歩してみるだけでも、気分がスッキリするかもしれませんよ。

(9)しっかり寝て、しっかり食べる

人生を楽しむ基本は、しっかり寝てしっかり食べることかもしれません。

忙しくて睡眠不足になっている、ダイエットで食べたいものを我慢している人は、十分頑張っている自分を褒めてあげましょう。

「何だかつまらないな」と感じた時は、しっかり寝てしっかり食べる、それを思い出してみてください。

(10)新しいことにチャレンジしてみる

毎日を退屈に感じているならば、新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

大きな挑戦でなくても、初めて行くお店でご飯を食べる、初めて行くスーパーで買い物をするなど、小さなことでも新鮮な気持ちを味わえるはず。

次ページ:楽しく生きるためには仕事選びも大切?

SHARE