お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

性格が悪い人の特徴15個とは? 直したい時の対処法

すぎうら

性格が悪いと言われた! 直し方は?

ここまで、性格が悪い人との付き合い方を紹介してきました。

しかし、無意識に自らがそんな言動を取っている可能性もあります。

もしも周囲から「性格が悪い」と指摘されたら、どうすればいいのでしょうか。

落ち込んでいる暇はありません。努力次第で性格は直せる可能性があります。今から紹介する方法を意識して生活してみましょう。

(1)どんなところが悪いのかを周囲に聞く

誰かに「性格が悪い」と指摘されたら、怒るのではなく具体的にどうしてそう思うのかを聞ければベストです。

「どんなところが性格が悪いと思うのか」「どんな時にその性格が出やすいのか」が分かれば、性格を直すヒントになります。

自分で自分の性格は認識しにくいもの。他人に聞くことで、他人が持つ自分の印象を知ることができます。なかなか難しいと思いますが、チャンスだと思って冷静に自分の性格を分析してみましょう。

(2)性格が悪くなった原因を考える

性格が悪くなってしまったことには必ず原因があります。その原因を見つけ出し、解決してあげない限り性格を直すのは難しいかもしれません。

家庭環境、過去のいじめ、失恋、受験の失敗など、あなたの中にひそむ悩みやコンプレックスと向き合うべきタイミングです。今までの人生を振り返ってみれば、何か原因が思いつくかもしれません。

過去にトラウマがあったとしても、そこで経験した嫌な気持ちを他人にぶつけていいわけではありません。家族や友人と話し合いながら、自分の中の黒い気持ちを消化させましょう。

(3)自分を好きになる

性格が悪い人は自己中心的でありながら、実は自分のことを愛せていない人が多いのです。

嫉妬心などは、負の感情から生まれるもの。自信のなさがその根本にあることも。

自分に自信を持てれば負の感情は小さくなっていきます。自分を好きになることで、他人にも優しくできるようになるでしょう。

性格が悪い人は「自分の鏡」

あなたの周りにもきっといる性格が悪い人。

彼らは一方的に“悪い人”なのではなく、仕事やプライベートで何らかの不満を抱えていて、自分の人生に満足していない悩みがあるはずです。

それに、自分もプライベートがうまくいっていない時には、誰かに意地悪を働いてしまうこともありますよね。

目の前の他人は、自分にとっての鏡。

時には反面教師にしたり、時には共感して手を差し伸べたり。他人に優しく誠実に対応するためのヒントがその関わりの中に隠れているはずです。

性格が悪い相手と無理に対峙して傷つく必要はありませんが、こうして向き合いながら人間関係の最適解を見つけていってくださいね。

(すぎうら)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック

あなたの本性は? 性格良い人度診断

 

※この記事は2021年04月14日に公開されたものです

すぎうら

30歳を目前にして突然のジャニーズオタクデビューしたマイペースなライター。芸能界に詳しいこともあり、芸能メディアでの執筆経験もあり。20代の頃は趣味で恋愛小説を書いており、電子書籍デビューを果たしている。恋愛小説を書くのは好きなのに、自分の恋愛はイマイチ上手くいかないのが悩み。

この著者の記事一覧 

SHARE