お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークの消し方とは? すぐできる対処法

正元香菜子

どうしてもキスマークが消えない場合の言い訳

キスマークがどうしても消えず、隠すこともできない場合には、バレないために周囲への言い訳をするのはどうでしょうか。

ただし、あまりにも不自然な言い訳はNG。自分で自分を窮地へ追い込むことに……。

ここでは自然に使える言い訳を2つ紹介します

(1)ヘアアイロンによるやけど

女性なら使うことの多いヘアアイロン。実際にやけどをしたことがある人なら分かると思いますが、やけど跡は赤くなったり、腫れたりとキスマークにとても似ています。

髪を整える際に、首筋にやけどをすることも十分あり得えますよね。

「今朝ヘアアイロンでやけどしちゃった」と言っておけば、特に怪しまれないでしょう。

また、この言い訳は数日使えます。なかなか消えなさそうだと感じたら、ぜひ試してみてください。

(2)虫刺され

虫に刺されるとその部分が赤くなり、キスマークに近いような状態になりますよね。

休日にアウトドアなアクティビティをしていたり、季節が夏だったりすれば、虫に刺される場面も多いので、自然な言い訳として使えるでしょう。

「キャンプに行ったら、刺されちゃって」や「昨日窓開けたまま寝ちゃって」などと伝えれば、ナチュラルにやり過ごせるかもしれません。

次ページ:パートナーのキスマークを上手に断るには?

SHARE