お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

頭の良い人の特徴とは? 考え方・性格・行動15選

すぎうら

頭の良い人になるための5つの方法

頭の良い人になりたいなら、今日から生活習慣を変えていきましょう。日々を変えることで、まずは自分の意識が変わっていきます。

(1)本を読む

頭の良い人になるための最もオーソドックスな方法が、本を読むことです。

本からは多くの知識を学べるため、自分の視野が確実に広がります。活字を読むことで集中力を高めることもできるでしょう。

ネットで情報を得ることは悪くないものの、時間をかけて製作された本からしか得られない情報や考え方もあることでしょう。

(2)早寝早起きをする

頭の良い人になるためには早寝早起きが基本です。

睡眠不足の状態では仕事や勉強のパフォーマンスが落ちてしまうため、十分な睡眠時間は欠かせません。夜は早めに寝て、朝は早めに起きる努力をしましょう。

朝起きてから会社や学校へ行くまでの間に、冴えた頭で勉強や読書をするとなお良いでしょう。睡眠は1日の記憶を整理する時間。朝起きた瞬間は頭がすっきりしていて勉強するのに最適です。

(3)行動する前に目的を決める

行動を起こす前に、はっきりとした目的を決めることも重要です。

自分は何をしたいのか、何を伝えたいのかを決めておくと、行動にブレが生じません。目的意識があるかないかで、結果の出方が全く変わってきます。

(4)まずは何事にもチャレンジする

人間を成長させる原動力は好奇心です。「これくらいで良いかな」と妥協すると、それ以上の成長は望めません。

強い好奇心を持つことで徹底的に追及するようになり、結果的に自分の知識が深まります。

まずは興味があることを探し、それに関係する趣味や勉強にチャレンジするのもおすすめ。 新しいことに挑戦すると視野が広がり、今までと違う視点で物事を捉えられるようになっていくはずです。

(5)タイムマネジメント能力を上げる

タイムマネジメントとは、時間の使い方を改善することによって生産性を上げること。

限られた時間の中で常に「今、何をすべきか」を考えて実行すれば、無駄のない仕事運びが身につきます。

努力次第で誰でも頭の良い人に近付ける!

頭の良い人と聞くと、「生まれ持って何かしらの才能を持っている人」というイメージを持つことが多いのではないでしょうか。

確かに生まれつき頭の良い人は存在します。しかし、どちらかといえば生まれ持ったものよりも「頭をどう使うか」の方が重要なのです。

今回紹介した頭の良い人の特徴を知れば、自分が頭の良い人なのか、そうでないかが見えてくるかもしれません。もしもそれが自分とは程遠い特徴だったとしても、がっかりしなくて大丈夫です。

生活習慣や考え方を変える努力をすれば、頭の良い人に近付けます。この記事で得たコツを活用し、あなたも頭の良い人を目指してみませんか?

(すぎうら)

※画像はイメージです

参考記事はこちら▼

あなたの「賢い人度」を診断でチェックしてみましょう。

※この記事は2021年04月06日に公開されたものです

すぎうら

30歳を目前にして突然のジャニーズオタクデビューしたマイペースなライター。芸能界に詳しいこともあり、芸能メディアでの執筆経験もあり。20代の頃は趣味で恋愛小説を書いており、電子書籍デビューを果たしている。恋愛小説を書くのは好きなのに、自分の恋愛はイマイチ上手くいかないのが悩み。

この著者の記事一覧 

SHARE