お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

頭の良い人の特徴とは? 考え方・性格・行動15選

すぎうら

頭の良い人の特徴【行動編】

頭の良い人の行動を観察していると、他の人とは明らかに違う動きをすることがあります。無駄がなく、まねをしたくなるような部分が多いでしょう。

では、具体的にそれはどんな行動なのでしょうか。

(1)1つのことに集中する

頭の良い人はとにかく集中力が高い傾向にあります。

1つの案件に取り掛かると最後まで集中力を切らしません。その結果、仕事や勉強において良い成績を収めることができます。

誰しも集中すればそれなりに良い結果を残せるものの、集中力はそれほど長く続きません。誘惑に負けないよう、自分を律し、ある程度の我慢をしなければ集中できないのです。

その集中が最高のパフォーマンスにつながることを、頭の良い人は知っています。

(2)仕事が早い

頭が良い人は仕事が早い傾向にあります。

他の人が何日もかかる仕事を1日で仕上げて、驚かれることも少なくありません。

仕事が早い理由は、先ほども解説したように優先順位を付けることが得意だから。何を最優先するかを考えることで、効率的に仕事ができます。

また、悩む部分があったら一旦飛ばし、全体像を先に仕上げる手順も仕事が早くなる賢いやり方。大枠が見えると、検討すべき部分の答えが早く見つかることもあります。

(3)時間や期限を守る

ビジネスマナーの基本中の基本である、時間や期限の厳守。プライベートにおいても時間を守ることはマナーです。

頭の良い人は「他人に迷惑をかけてはいけない」という意識が強いため、時間や期限はしっかりと守ります。そのため、周囲からの信頼も厚いでしょう。

時間や期限を守るため計画的にタスクをこなし、結果、作業の効率化にもつながっています。

(4)質問の意図が的確

頭の良い人の質問はいつも的確。質問内容の範囲を狭め、相手が答えやすいような言葉選びをします。答える人に対して細かな配慮ができるのは、頭が良い証拠です。

例えば「この旅行プランについてどう思う?」という質問をされても、何とも答えにくい人もいるでしょう。

頭の良い人は「この旅行プラン、行ってみたいと思う?」「この旅行プラン、日程や予算に無理はないかな?」など相手が答えやすいよう、具体的に尋ねてくれます。

(5)質問すると的確な答えをくれる

反対に、質問をすれば、きっとあなたが求めている答えをくれるはずです。

理解力があり、こちら側が何を求めているかを一瞬で判断します。さらに、頭の中で物事を整理して相手に伝えることが得意なので、分かりやすい回答をくれることが多いでしょう。

頭の良い人は、一言で物事を伝える「要約力」に優れていることも多く、難しい事柄も分かりやすく説明してくれるため、聞き手としてはありがたいはずです。

(6)他人に干渉し過ぎない

世の中にはあれこれと人に干渉する人がいますが、場合によってはトラブルの原因になりかねません。

頭の良い人はズカズカと他人の領域に踏み込まず、積極的には他人の事情に介入しないのです。とはいえ、相手が助けを求めてきたら親身になってくれるでしょう。

「干渉しない」というよりは、「干渉し過ぎない」という塩梅で接します。

次ページ:頭の良い人になるための5つの方法

SHARE