お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】怖い夢を見る心理とは? 怖い夢の意味33選

夢占い

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

怖い夢を見た時の対処法

では、こんな夢を見た後、どんな行動を取ればいいのでしょうか?

不安を紙に書き出し捨てる

今のあなたは、少なからず不安やストレスを感じている状態。些細な不安やストレスであれば、不安を感じる問題について紙に書き出し、ビリビリに破いて捨てるとスッキリします。

信頼できる人に不安を打ち明ける

または、信頼できる人に相談してみるのもおすすめです。話すことで、気持ちの整理がついて心が落ち着くはずです。

ただし、強いトラウマ的な問題など、あまりにも大きな悩みに関しては、友人に相談するだけでは解決できない可能性があります。その場合は、目上の人、もしくは家族などに相談して慎重に向き合っていきましょう。

怖い夢を見たら人に話したほうがいい理由

スピリチュアル的に、夢の内容について人に話すことで、その意味が離れていく傾向にあります。

そもそも怖い夢は、疲れやストレス、プレッシャーなどを感じている時に見ることの多い夢。誰かと話すだけでも心がスッキリ整理できて、気持ちが落ちつくはずです。

また、話す時はなるべく前向きで活力のある人を選ぶようにすると、さらに不安や疲れも吹っ飛ぶはず。

怖い夢を見ない方法はある?

怖い夢を見ないためには、まず不安やストレスを日常的に抱えないことが大切です。しかし、そんなふうに過ごすのはなかなか難しいところ。

不安を日記やメモに書き溜める

そこで、不安を感じたらその都度日記やメモに書いて、日常的に読み返してみると、冷静に問題を捉えることができるようになります。

ストレスフリーを意識した生活を送る

相談できる友人がいるなら、定期的に話してみるのもいいでしょう。

とにかく、心身がストレスフリーになる状態を心がけることです。この期間は、「嫌なことはしない」という自分にわがままな態度を貫いてもいいと思います。

次ページ:シーン別「怖い感覚の夢」が暗示する意味

SHARE