お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【例文あり】最強LINEテクニック! 気になる人を落とす15のコツ

おかざきなな

これだけはやめよう! LINEでのNG例

せっかくいい感じになってきたのに、うっかりミスをして関係性を悪くしないためにLINEコミュニケーションでのNG例を抑えておきましょう。

(1)質問攻め

返信をもらうために質問を投げかけるのは、間違いではありませんが、常に「どう思う?」「何が好き?」「どうして?」と立て続けに質問を送られると、終わりのないラリーのような疲労感を感じ、男性のテンションが一気に下がってしまうのでやめましょう。

(2)ネガティブな話題

誰かの悪口や、暗いニュースの話題など、軽い気持ちで送ったつもりでも、男性は「一点集中」という特徴から文章のままを受け取ることがあります。

それで気分が暗くなり、あなたからのLINEを警戒するようになる可能性も。悪気がなくてもネガティブな話題は避けましょう。

(3)重たい話題や深刻な話題

例えば、自分の進路のことや家族の病気の相談など、男性が気楽に返せない深刻な話題は、ライトなコミュニケーションツールであるLINEでするのは避けましょう。あまり親しくない場合は返信に困ってやり取りが途絶えてしまう可能性もあります。

(4)愚痴や文句、嫌みを伝える

「どうして返信をくれないの!」「どうせ忙しいんでしょ」などの愚痴や嫌味は、顔が見えないLINEだけに、普段以上に男性にチクチクとした痛みを与えます。嫌われる原因になるので慎みましょう。

(5)ストーカー行為

彼からの連絡がないからと「寂しい」「連絡ちょうだい」など1日に10通も20通も一方通行のLINEを送るのは、彼に嫌われるだけで逆効果です。そしてこれを毎日続けるとまさにストーカー行為となってしまいますので、絶対にしてはいけません。

LINEで気になっている彼を落としてみて

LINEでのテクニックについてお伝えしましたが、これは対面でも応用することができます。このテクニックを使いこなすことができれば、男性が思わず気になってしまうような魅力的な女性になれるでしょう。

まずは気になる彼に「○○さん、元気? お仕事は順調ですか? お話し聞かせてね~♡」っと、サラッとLINEメッセージを送ってみてくださいね。

(おかざきなな)

※画像はイメージです

※この記事は2021年03月22日に公開されたものです

おかざきなな

芸能プロ社長として6万人のタレントをオーディションし、ゆずの北川悠仁さん、女優の市川由衣さん他100名以上のスターをデビューさせる。プライベートでは3回の結婚、3回の離婚、3人の出産子育てと女性としての様々なイベントを経験。現在は、タレントだけではなく、一般のOLや経営者、主婦などに、「真の女性らしさ」を伝える大人の色気スクールを開校している。また、フジTV、TBS、他TV番組などへの出演も多く、人気アイドルやタレントに「女らしいしぐさ」「モテる振る舞い」を指導するなどさまざまなメディアからも注目されている。

主な著書は、『7秒で魅了する魅力の法則(こう書房)』『たった1秒で愛される女優メソッド(講談社)』『艶っぽい女の心技体入門(DHC出版)』『ある日突然美しくなる3ステップ見た目レッスン(メディアファクトリー)』『愛され女美メソッド(スタンダードマガジン)』『男が選ぶおんな達 愛され女子研究(講談社)』他

この著者の記事一覧 

SHARE