お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

デートで見せる男女の脈ありサイン。好意を示す行動や発言とは

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

デートに誘った時の脈ありサイン

まず、デートに誘った時の脈ありサインについて解説いたします。

(1)デートに乗り気である

例えば「○○に行こう」と提案して、相手が好感触を示し、そのままデートの予定がトントン拍子で決まったなら、脈ありの可能性が浮上します。

なぜなら、デートに行くということは「この人となら一緒に行っても良い」ということになりますし、少なくとも脈なしではないんですよね。

(2)考えがシンクロした

どちらかの人間がデートに誘った時に、「実は私(俺)も行きたいと思ってた!」というように、考えがシンクロした場合も脈ありの可能性が高まります。

というのも、「同じこと考えてた!」という発言には、「誘ってもらってうれしい」という感情が含まれていることが多いから。

人は、このようなシンクロを起こした相手に対し、好印象や共感を抱きます。その時に「同じことを考えてただなんて、なんかうれしい」というように、気持ちを表現することができれば、さらに好感度が上がりますね。

(3)相手から誘ってくれる

これは少し主題からずれますが、相手からデートの打診をしてくる場合は、脈ありの可能性が浮上します。

そもそも、関係を深めるつもりがない人間をデートに誘う人はいないですから、誘われた時点で「悪くは思われてないんだな」と思っていいでしょう。

「誘われるうちが華」と言われていますが、これはあながち間違ってないと思います。

次ページ:デート中に分かる脈ありサイン

SHARE