お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性を惚れさせる方法! デートやLINEで使える14のテクニック【心理学】

高見綾(心理カウンセラー)

気になる男性には、「私のことを好きになってもらいたい」って思いますよね。そこで今回は、男性が女性に惚れる瞬間にはどのような時があるのかを詳しく解説します。

また、デートやLINEで男性を虜にするテクニックについても、併せて紹介します。今すぐに取り入れられる方法ばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。

男性を惚れさせる会話テクニック

男性を惚れさせる心理テクニックを紹介します。会話、行動・しぐさ、見た目に分けて見ていきましょう。

まずは会話で使えるテクニックにはどのようなものがあるのでしょうか。

(1)彼の話を興味深く聞く

良い雰囲気の関係になるまでは、まず彼の話を聞くのが良いでしょう。自分の話をするのは、彼からの信頼を得られるようになってからで十分です。気持ち良く話せた男性は、「この女性と話すと楽しい」と感じ、また話したいと思うようになるのです。

(2)相談を持ち掛ける

「他の人には話せないので……」と前置きをして相談を持ち掛けると、相手から頼られているという喜びに「あなただけ」という特別感がプラスされて、男性はよりうれしく感じます。

(3)「カッコイイね」などの褒め言葉をかける

女性から褒めてもらえて嫌な気持ちになる男性はいません。男性は「カッコイイね」と言われると、「もしかして好意を持たれている?」と感じて、その女性を意識するようになります。

(4)男性が興味を持っていることについて質問する

男性は自分の好きなことであれば、いっぱい話してくれます。「分からないから教えて?」と話題を振ってみると、話が盛り上がりますし、そんなふうに話のできる女性に好感を持つでしょう。

(5)男性の良き理解者になる

男性の仕事の結果などに対して、「こういう結果が出たの、私はすごいと思うけどなぁ。〇〇くんが頑張ったからだよね」と話すと、男性はプライドが満たされる上に、「俺のことをよく分かってくれる子だな」と感じて、その女性が特別だという意識を持つでしょう。

(6)気遣いを示す

男性が落ち込んでそうな時は、「元気ないけど大丈夫?」「私で良ければ話聞くよ」と声を掛けると、男性は自分のことを見てくれているんだと思ってうれしく感じるもの。

もし、男性が「うん、ありがとう。でも大丈夫だよ」と答えたら、しつこく追わずに「そっか、分かった」とそのまま引き下がりましょう。

(7)好意を匂わす

良い雰囲気で関係を持てているなら、少し勇気は要りますが、「私、〇〇くんのこういうところ好きだわー」「〇〇くんカッコ良くて、ドキッとする」と言ってみるのもおすすめ。関係が進展する一押しになることも。

(8)男性のLINEのペースに合わせる

対面ではないLINEでの会話の場合、返信ペースや文章の量、言葉遣いや絵文字使いなどを男性と合わせてみると、男性は不思議な心地良さを感じることになります。「この女性とは合いそう」と思ってもらえるかもしれません。

男性を惚れさせる行動・しぐさテクニック

行動・しぐさで使えるテクニックにはどのようなものがあるのでしょうか。

(1)男性のしぐさをまねする

ミラーリングといって、相手のしぐさや言動を鏡のようにまねすると、親近感を抱かせることができるという心理テクニックがあります。バレない程度に、似たタイミングで飲んだり食べたり、しぐさをまねてみたりしましょう。

(2)品のある立ち振る舞いをする

男性は、彼女にするなら周りの人に紹介できる人であってほしいと思っていることが多いので、品のある立ち振る舞いができると、好感度がアップします。丁寧な所作を意識するだけでも十分効果的です。

(3)さりげないボディタッチをする

「ねえねえ」と彼の服の裾をつかんでみたり、髪や服についたゴミを取ってあげたり、横に並んだ時に少しだけ肩に触れてみたりすると、男性は「この女性には少なくとも嫌われていないな」と感じて、その後意識するきっかけになることも。

男性を惚れさせる見た目テクニック

最後に、見た目で使えるテクニックについていくつか挙げていきます。

(1)髪や肌にツヤを出す

髪や肌にツヤがあると、それだけでも色気がアップし、魅力的に映るものです。デートの前はお手入れを念入りにしてみましょう。

(2)曲線ややわらかさを感じられる服装にする

男性が惚れるのは「女性らしさ」を感じた時が多いです。体の曲線が感じられる服装や、ニットなどふんわりとした素材の服装も良いですね。

(3)いつもと雰囲気が違う服装でギャップを出す

普段はカジュアルでかわいい格好をしているのに、デートの時は大人っぽい服装をしてみるなど、いつもと雰囲気が違うと「ドキッとしてしまう」男性は多いようです。

男性が女性に惚れる瞬間って?

男性が女性に惚れる瞬間にはどのような時があるのか見ていきましょう。

(1)外見が好みだった時

男性は恋愛をする際、視覚優位になるため、女性の外見が男性の好みであれば一気に恋愛スイッチがオンになることが多いです。女性が自分をよりかわいく見せるために努力している姿にキュンとくるようです。

(2)笑顔を見た時

ニッコリとほほ笑む女性の姿は、仕事で疲れている男性にとって癒やしになり、明るい気持ちにさせてくれます。そして、「もっと彼女の笑顔が見たい」と思うようになり、恋に落ちるのです。

(3)自分にはない魅力を持っていることに気付いた時

恋愛では「相補性の法則」といって、例えば、大雑把な性格の人は、細やかな配慮のできる人に惹かれるなど、自分にはない魅力を持っている相手に惚れる傾向があります。そんな自分との違いに気付いた瞬間に相手のことを好きだと感じるでしょう。

(4)頼りにされた時

女性から頼りにされると、男性は「男として認めてもらえた」と感じるため、その女性のことを意識してしまうようになります。「〇〇さんのお陰で助かりました!」とお礼を言われれば、うれしくて惚れてしまうこともあるでしょう。

(5)頑張っているのを見た時

一生懸命頑張る姿は、人の心をつかむものです。女性が何かを頑張っている姿を見ると、男性は「応援したいな」「支えたいな」という気持ちになるのです。

男性が惚れやすい女性の特徴

男性が惚れやすい女性には、どういった特徴があるのでしょうか。男性心理を交えながら主なものを挙げてみます。

(1)喜怒哀楽が分かりやすい

モテる女性は、何を考えているのかが分かりやすいのが特徴です。女性の豊かな表情は男性を惹きつけます。男性は素直に反応してくれる女性に惚れやすいと言えるでしょう。

(2)何か夢中になれるものを持っている

精神的に自立しており、仕事でも趣味でも、何か夢中になれるものを持っている女性に惚れる男性は多いです。その女性の個性が感じられる点も魅力的に映るようです。

(3)味方になってくれる

男性のしている仕事を肯定して、応援してくれる女性はモテます。男性の性格的なことについても、たとえ周りから悪く言われていたとしても、そういったうわさを信じずに、目の前の彼を信じて味方になってくれる女性は、男性は手放したくないと思うようです。

(4)褒めてくれる

男性は「認めてほしい」という気持ちを強く持っているため、女性から褒められることが大好きです。男性の行動について、「〇〇してくれてうれしかった」「〇〇できるなんて、さすが△△くん!」と褒めてくれる女性に惚れる男性は多いです。

(5)甘えさせてくれる

男性は外で気を張っていることが多いです。そのため、気を許した相手には甘えたいという願望を持っています。包容力があり、男性を上手に甘えさせてあげる女性は人気があります。

(6)一緒にいて楽しい

一緒にいて楽しいと感じる女性には好意を抱きやすいです。そもそも、「楽しい」と感じさせる女性は聞き上手だったり褒め上手だったりして、相手のしてほしいことをしてあげられる人です。

心理学テクニックを駆使して片思い中の好きな人を惚れさせよう

気になる彼ができたら、自分を好きになってもらいたいと思うものですよね。相手の男性と信頼関係ができるまでは聞き役に回って、彼の好きなことなどについて質問してみてください。

「話しやすい」「彼女と一緒にいると楽しい」と思ってもらえたら、関係が進展していく可能性大です。あなたの魅力で彼を夢中にさせましょう。

(高見綾)

【相性占い】気になるあの人との今日の相性は?

あなたと気になるあの人の相性はどのくらい?

12星座を用いて、今日の恋愛相性を5段階評価で占います。

毎日相性占いはこちら

※画像はイメージです

関連する診断も併せてチェック!

なぜか自然とモテる? 「雰囲気美人」診断

これって脈あり? 「LINE脈あり度」診断

赤い糸でつながっている? 「運命の人」診断

※この記事は2021年03月11日に公開されたものです

高見綾(心理カウンセラー) (心理カウンセラー)

“質上げ女子”のカウンセリングをメインで行っている。電話、面談(ZOOM、名古屋)によるカウンセリングや講座を中心にあなたのお悩みをサポート。

大学卒業後、民間企業の経理・財務業務に従事。自身の悩みを解決するために心理学を学びはじめ、人生がうまくいくためには特定の法則があることに気づく。豊富な臨床経験から、心の世界で学んだことを現実に活かすアプローチに高い評価をいただいている。

著書は「ゆずらない力」(すばる舎)。他、PHPスペシャルに記事を寄稿するなどマルチに活動中。

高見綾のブログ https://takamiaya.com/

 

この著者の記事一覧 

SHARE