お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

品のある女性の特徴。人を惹き付ける雰囲気や見た目・言葉遣いとは

柴崎マイ(恋愛コラムニスト・イラストレーター)

品のある女性になるために意識すべきこと

上品さは、後天的にも身に付けることのできるマナーのようなもの。

外見・内面・行動の3つの面から品の良さを意識してみましょう!

(1)仕草や動作をゆっくりにする


例えば椅子を引いて座る時、コートを脱ぐ時や、傘をたたむ時……。日常の中での動作をゆっくりにするだけでも、品があるように見えます。

また、会話をしている最中の頷きをいつもよりゆっくりにするだけでも相手の話をじっくり聞いている品の良い女性の印象を与えることができます。

プラス、手の動きにも注意して細かいところまで気を使ったしぐさを心掛けると良いでしょう!

(2)常に「笑顔」を意識する


いくら他のしぐさや動作がゆっくりとしていても、無表情では台無しになってしまいます。

笑顔だけは、常に意識してみてください。

品のある女性というと、「静かに微笑む控えめな女性」という印象があるかもしれませんが、現代の品のある女性は、太陽のような笑顔を取り入れてもギャップで魅力的に見えるはず!

(3)自分磨きをする


過度な美容に傾倒するのは逆に品の良さを感じられないと私は思いますが、自分でできる自分磨きは取り入れていきたいものです。

肌や髪、体型など、自分に合うケアをすると供に、匂いが強過ぎない自然な香りをまとうことで、女性としての品格がワンランク上がったような雰囲気を醸し出すことができるでしょう。

(4)常に周囲から見られているという意識を持つ


品のある女性は、自分が心地良い状態でいられることを前提に、周りの人や相手のことを考えています。

それはファッションのTPOだったり、香水の選び方や、相手への気遣いだったり。

「私は女優! だから周りからいつも見られている」というくらいの意識を持つといいですね。

(5)正しいマナーを身に付ける


大人の女性として、社会での最低限のマナーは身に付けておきたいもの。

特に冠婚葬祭の場での、外見・内面・行動のマナーは事前に学んでおきたいですね。

次ページ:品のある女性芸能人の例

SHARE