お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

元恋人と復縁する方法とは? 成功率を上げるコツ&注意点

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

恋愛は終わった時点で次の恋に進むための練習台になる

繰り返しになりますが、復縁してその後幸せに関係性を育んでいるカップルは、ほんの一握りなんです。

それぐらい、復縁は難しいものでもあるのですが、何が難しいかと言うと、自分の頑張りだけでどうにもならないことの方が多いからなんですね。

なので、この事実を知っている人は、終わった恋に対して「壊れた関係はもう元に戻らない」と思っていますし、いくら悲しい失恋でも、終わった恋は次の恋に進むための練習台になったと考えます。

これから復縁に向けて頑張りたい人に向けての記事なのに、最後の最後で夢をぶち壊すようなことを書いてしまいましたが、しっかりと自分と向き合い、正しい努力をして復縁に臨むことは決して悪いことではありません。

むしろ、それは良いことですし、未来の自分にとってかけがえのない財産になります。

実は、最初は復縁に向けて頑張っていたけど、自分自身が成長してきて元恋人のことがどうでもよくなったというケースは枚挙にいとまがないですし、その後に、元恋人よりもっと素敵な異性に出会っている人がすごく多いんですよ。

そういった理由も含めて、今は「どうしても相手じゃないとダメ」「この人を逃したらもういい人に出会えないかもしれない」と思っていても、これはあなたが成長した時に同じセリフが言えないと、成立しない言葉になるんですね。

なので、あなたが成長した時に「それでもやっぱり彼(彼女)がいい」「この人以上の異性は他にいない」と思うことができるのであれば、その相手は「いい男」や「いい女」ということですし、やり直せる可能性は上がります。

逆に、「元カレ(元カノ)なんてどうでもいいや」と思ったのであれば、その時のあなたに相応しい相手が別にいることになるので、覚えておいてください。

(藤本シゲユキ)

※画像はイメージです

関連する診断も併せてチェック!

脈あり? 脈なし? 好きな人の気持ち診断

いつ結婚できる? あなたの「結婚時期」予想診断

「今」or「1年後」? 彼氏ができる確率診断

※この記事は2021年03月05日に公開されたものです

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

1975年、京都府に生まれる。

17歳~29歳までバンドマンとして活動、30歳を目前にホスト業界に転身する。その後、ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。これまでに培ったノウハウを改良し研究を重ね、現在は悲恋改善アドバイザーとして活動中。

豊富な人生経験と鋭い感性、洞察力を基に、恋愛&生き方を指南するブログ「だまされない女のつくり方」は、月間100万PVにのぼる人気ブログに。著書には『本命になる技術』(WAVE出版)、『これまで、何も起きずに終わっていたあなたへ友達をつくるように、彼氏ができる本』(大和出版)、『幸福のための人間のレベル論―「気づいた」人から幸せになれる!』(さくら舎)『本当の彼氏のつくりかた』(廣済堂出版)がある。

この著者の記事一覧 

SHARE